オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

故梅原猛氏の98年の書評

»

2019年に亡くなった梅原猛氏による僕の『マンガはなぜ面白いのか』への書評(東京新聞1998年1月26日付)。「不思議な遺伝子のいたずら」という末尾に笑った。調子に乗って、面識もないのにダメ元で新刊の帯をお願いしたら、快く引き受けていただけた。今更であるが謝意を表し、衷心よりお悔み申し上げます。合掌。

画像に含まれている可能性があるもの:1人
写真の説明はありません。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する