オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

今年亡くなった方々

»

今年2019年、マンガ界では吾妻ひでお(69歳)、モンキー・パンチ(81歳)、小池一夫(82歳)の他、マンガ批評関係で橋本治(70歳)、COMの表紙や装丁、マンガ的イラストの和田誠(83歳)などが亡くなった。読売新聞今日30日付「墓碑銘」を見ると、兼高かおる(90歳 子供の頃TVの世界旅行物の走り番組をずっと観てた)、市原悦子(俳優82歳 どうしても『日本昔話』が)、梅原猛(哲学者93歳 僕のマンガ論を書評してくれたので、図々しく拙著の帯に短文をお願いしたことがある)、直木孝次郎(日本史学者100歳 古代史研究の本を若い頃読んだ)、佐藤純弥(映画監督86歳 やくざ映画や『新幹線大爆破』『人間の証明など。昔けっこう観た)、リチャード・ベイヤー=ザ・デストロイヤー(覆面プロレスラー88歳 本名は知らなかったけどね)、内田裕也(歌手79歳 樹木希林さん、昨年だったのか)、萩原健一=ショーケン(俳優・歌手68歳 年下だったのか)、ケーシー高峰(漫談家・俳優85歳)、加藤典洋(文芸評論家71歳 『敗戦後論』『テクストを遠く離れて』は読んだが、少し上の同世代だったのか)、降旗康男(映画監督84歳 やくざ映画や『少年H』など物凄い量の映画を撮ってるしけっこう観た気がする)、ジョアン・ジルベルト(歌手・ギタリスト88歳 いわずと知れたボサノバ運動の中心人物、アストラッド・ジルベルトの旦那だった)、ピーター・フォンダ(米俳優79歳 ヘンリー・フォンダの息子でジェーン・フォンダは姉、我々世代には『イージー・ライダー』が記憶に残るが村上龍監督『だいじょうぶ、マイ・フレンド』にも出てた)など。同世代といっていい人は3人かな。

https://natalie.mu/comic/news/352313

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する