オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

プレゼンが骨太になる内容構成とは

»

宣伝会議デジタルマガジン8月号にパタゴニア・辻井隆行社長の「プレゼン力診断」執筆記事掲載いただきました。
 
気候変動を解決できる最後の世代であることを覚悟し、ミッションを「故郷である地球を救うためにビジネスを営む」ことに変更した体験が、トップの心の軋みと共に伝わってきたプレゼンでした。プレゼンはミッションがあって初めて魂が入り、人を動かすのですね。

そう書くと、とても激しいプレゼンのように思えますが、辻井社長はとてもソフト。もともとカヌーや山の自然ガイドだったこともあり、言葉も優しく、素晴らしいシェルパと一緒にいるような安心感でした。

一般的に、ミッションがぼやけているプレゼンが多く見られます。
プレゼンではミッションを今一度見直し、首尾一貫するように構成してみると内容が骨太になり、説得力も高まると思います。


「パタゴニア日本支社長のプレゼン「首尾一貫したブランドミッションを体現」
(本日無料公開中です)


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する