オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

AVR Studio 6 で "Debugger command leaveProgMode failed."

»

新しく作った AVRマイコン上で開発をはじめようとしたら、
「Debugger command leaveProgMode failed.」というエラーが出てプログラムの実行ができませんでした。

2日ほど悩んでしまいましたが、原因はハードウェアにありました。

今回は、AVR Dragon をJTAG経由で接続する回路にしていたのですが、
SPI経由で接続するときに使うPEN端子が、何故か接地していて、それが原因でCPUが動作し始めなかったということです。

本当はプルアップしなければならないのですが、とりあえずオープンにしたところちゃんとCPUが動作して実験用プログラムが動作をはじめました。

AVRははじめてですが、PICの開発環境より使いやすそうです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する