オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

iPhone5 が新品になった話し

»

数日前に書きましたが、
本日からiPhone5 バッテリー交換プログラムがはじまります。

発表されたときに、Apple Store の Genius Bar を予約しておいたので、行ってきました。
このプログラムは、適用される機種とされない機種があるので、あらかじめシリアル番号で調べてることができます。
私のiPhone5は、対象機種でした。

Apple のサイトには、

お使いの iPhone 5 を修理に出す前に、お客様の方で必ず以下の準備を行っていただきますようお願いいたします。

  • iTunes または iCloud にデータをバックアップします。
  • iPhone を探す」をオフにします。
  • 「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップして、データと設定をすべて消去します。

と書かれているので、
まっさらに初期化してからApple Storeに向かったのですが、これは早とちりだったようです。

まずは、スタッフが点検をするため、「すべてのコンテンツと設定を消去」はしないで持って行った方がいいです

点検の結果、私のiPhone5は対象機種ではあるが、バッテリーの劣化が20%しか進行していないので、
今回は対象外だという話しでした。
将来劣化が進行したら対象になるが、今日の時点では対応できないということでした。

せっかく初期化までしたのに・・・と思っていたら、
スタッフから、Apple Careを使って新品交換しますか? とご提案をいただきました。

私のiPhone5はかなりぼろぼろで、動作に支障はないのですが背面は割れています。
そこで、これを故障という扱いにして、新品交換ならできますという話しになりました。

まだ支払い残が4ヶ月分のこっているので、大変ありがたい話しです。

今回のiPhone5はぼろぼろにならないように大切に使おうと思います。
最近は現場の仕事がないので大丈夫だと思いますが・・・

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する