オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

三人寄れば文殊の知恵

»

随分と、納品した帳票アプリケーションがお客さんから間違っていると言われて悩んでいるメンバーがいたので、
私ともう一人で、検証することにしました。

まぁ、メンバー一人でも全く問題ないレベルだったのですが、
思い詰めているときは効率悪く、視野が狭くなりますしね・・・

作業を開始して、すぐに大体の問題点が見えてきました。

実は、お客さんの検算が間違っていたのです。(ミスではなく、認識違い)
その数値が、微妙な現れ方なので、なかなか気付けなかったようです。

足し算や引き算の世界なので、わかれば簡単なのですが、
なかなかわからないとき、そういうときは無理して一人で作業するより、仲間とディスカッションしながら進めた方がいいと改めて感じたのでした。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する