オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

誤解されない話し方、炎上しない答え方

»

「誤解されない話し方、炎上しない答え方」を読みました。
オルタナブロガーである、加藤さんが紹介されていたので購入して放置してあったものです・・・

もっとはやく読むべきでした。
とても有意義な本です。

技術として、「逆ピラミッド式の話し方」の紹介があり、これが誤解されない話し方のポイントだとしています。
読むとなるほどと納得できるのですが、
これが実は難しいです・・・

読んでから、会議、メールで意識はしているのですが、なかなかうまくいきません。
物語を使った演習もあるので、読んでいる最中にチャレンジすることもできます。

「メディアトレーニングのプロが教える」ということで、メディアに係わる人のためのような雰囲気ですが、
「ちゃんと指示通り仕事をしているつもりなのに、報告した瞬間上司に怒られる。」
「説明したつもりなのに、お客が全く理解していなかった。」という自覚症状がある人にとって大変良い本だと思います。

思い当たる節のある方は、読んでみるといいと思います。
Kindle版は半額なのでいいですね。(私は紙の本で買いました) 

当社のそういうメンバーにも是非読ませたいのですが、
彼らはなかなか本を読まないのが悩みどころです・・・


 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する