オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

腹を立てない

»

今年の目標の一つに、「腹を立てない」ということがあります。

さて、今日は私じゃなくて、メンバーが当社の会長にプチ怒りを抱いていたので、なだめた話しです。
会長からメンバーのM君が直接パンフレット作りを依頼されて、しっかりと対応してくれていたのですが、
その対応スピードが遅いという、ちょっとした指摘が入ったのでした。

それについて、M君は「会長が今回は遅くなってもいいから、コストをかけずにやってほしいと言っていたのに・・・酷い!」という感じで、ショックを受けていました。

彼は嘘をつくような人間ではないので、おそらくこれは本当なのでしょう。
一生懸命対応したことを「遅い」と言われてショックを受ける気持ちはわかります。

しかし、毎回このようなことで腹をたてていても、疲れるだけです。
こういうときは、「会長も歳だし、前回言ったことを忘れてたのかなー?」と軽く流す気持ちも時には必要ではないでしょうか。

もちろん、お互い誤解なく、忘れなく話しをすることが一番ですが、
経営者なんてこんな感じのマイペースなことは多いですし、あまりに理不尽なことでなければ流してしまうのもわるくないでしょう。

あと、車の運転中、変な抜かされ方をしたりしてもよく怒る人がいますが、
「トイレが漏れそうなんだな・・・」とか考えると、私は許せてしまいます。

 

Comment(2)

コメント

Ifreeta

昔の上司は、自分が言ったことは忘れる人だったので「年月日時分と用件を書いたメモを残しておりました」。この方法で対応を行うと変なお叱りなどはなくなりますよ。

また、自分自身が腹立つこともなくなります。

その時の上司と同じくらいの年齢になりましたので、初心を忘れずに頑張っています。同じ年くらいの同僚にも何かに付けて注意喚起をしています。

Ifreeta さん
コメントありがとうございます。

良い方法ですね。
メンバーにも伝えて、私も心がけます。

コメントを投稿する