オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

怒らない人の方が怖いのかな?

»

常日頃から「熱くなりすぎ」「怒りっぽい」などと言われている私は、今年こそは怒らないようにと気をつけています。

たまに当社のプログラマー社長ブログで「怒ると損」とかいう記事があれば、きっと私が会社で噴火したときでしょう・・・
そういう記事を書く社長ですから、当然全く怒りません。

#入社してから一回だけぶち切れたのを目撃しているのですが・・・

ということで、すごいなーと思いつつ、自分も怒らないように怒らないようにと気をつけているのですが、
最近思うことがあります。

実は怒らない人って怒る人より怖いのではないか? 
ということです。

当社には社長の上に会長(創業者)がいます。
この人は、かなり怒りっぽい人で、機嫌が悪いときは結構やっかいです(笑)

しかし、怒りっぽいということは、それだけ感情や想いがストレートに出てきているわけで、
理解しやすいということでもあります。
鬼ではないので、社員が間違ったことをしなければ常日頃怒り散らしているわけではありませんからね。

逆に怒らない人は、何でも受け止めてくれるような雰囲気を醸し出しているので、
「怒られるかもしれない!」とびくびくすることはありませんが、
本音は何かわからないことがあります。

別に上司の顔色を伺うことが仕事ではないので、堂々と自分のミッションをこなしていればいいのですが、
怒らない人のほうが怖いこともあるのかなと思ったのでした。

ただそれだけで、怒りっぽいことを正当化するつもりはありませんが(笑)
 

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する