オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

銀行はメールが使えない

»

電話が苦手なので、メールが使える人とは極力メールでやりとりをしています。
最近はBtoCでもメールが使えるところが多くて助かっていますが、
肝心なところでメールが使えない相手がいます。

それは、銀行さんでした。

窓口は15時にしまってしまうし、
仕事をしているとなかなかやりとりをしにくいところなので、メールが使えると便利なのです。

そこで、以前窓口に行った際に、続きのやりとりをメールでさせて欲しいということを申し出たら、
「外部へメールを出すことはできない」
とのことでした。

おそらく、重要な情報をやりとりすることが多いため、
簡単に情報漏洩できないような措置なのだと思います。
また、誤送信なども怖いですね。

しかし、メールが使えないと、
「さっきの件はOKでした」
みたいな、10秒で終わる内容もいちいち電話でやりとりすることになります。

電話が終わって、次のことを何かしようとしているときにまた着信して・・・
とか、結構イラっとくるので、
何らかのメッセージサービスは使えた方が便利だなーと思ったのでした。

例えば、128文字制限のSMSだけ使うとかどうでしょうかね?
でも、長い文章も遅れないと意味がないですね。
あとは、当社でも作っているような宛先制限システムとかでしっかりシステムを構築するかですね。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する