オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

Microsoft Security Essentials の負担に注意

»

何も考えずに、「入れないより入れた方がいい!」と、業務の中核を担っているWindows7 コンピュータに、
Microsoft Security Essentials をインストールしていました。

しかしこれがものすごく大変なことになったのです。

そのコンピュータには、RDBMSが入っていますが、
このデータが大きくなるにつれて、異常に重くなっていって、最終的には応答が分単位かかるようになり、壊滅状態になってしまったのでした。

きちんと検証はしていませんが、
DBがファイルにアクセスをかけるたびにリアルタイムにウィルス検査が走り、
ファイルがロックされて・・・
というのが繰り返されて、データが大きいと常にファイルをなめてロックしている状態のようになり、
処理が恐ろしく遅くなったのだと思います。

リアルタイム検索をやめたら、今までと同じスピードになりました。

いやぁびっくりした。

Comment(4)

コメント

通りすがり

そういう時は除外設定をすればよいのでは?

通りすがりさん
コメントありがとうございます。


物によっては検索のしかたを変更したりできるので、試してみようと思っていましたが、
単純にそれが良さそうですね。

ardbeg32

業務の中核マシンにMSEを入れてるとのことですが・・・会社全体で10ライセンス以下ですよね?

ardbeg32 さん

中核とはいえ、小規模なシステムなので5ライセンス以下です。

コメントを投稿する