オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

故障中のATMを動かしてもらった

»

当社は15日が給料日なので、早速帰りがけにATMに寄ったのですが、
【お取り扱い中止】の表記が出ていて、利用できませんでした。

ATMはリモートメンテナンスが可能なので、何か作業をしているだけだろうと思って、2時間後くらいにまた行ってみたのですが、
相変わらず利用できない様子です。

近所のATMコーナーには2台あるのですが、生体認証に対応しているのは故障中の1台だけなので、困りました。
そこで、迷惑かも知れないと思いつつ、 備え付けの電話でサポートセンターに相談してみたところ、対応してくれた方の表現が非常に面白くて思わず記事にしてしまった次第です。

「ATMが本格的に壊れてしまっていて、メーカーがバラバラにしないと直らないのです。」

その場でメモを取ったわけではないので多少の違いはあると思いますが、「本格的に壊れた」と「バラバラ」は確かに言っていました。
サポートセンターの方がこんな面白い表現をつかったのははじめてきいたので、
2度も行ったのに利用できず、多少不機嫌だったのですが、なんかどうでもよくなってきました(笑)

しかし、利用したいのには変わりないので、何とかならないのかと無理を言ってみたら、
壊れているのは通帳読み取り部分だけだということで、カードだけの利用ならなんとかするとのこと。

交渉はしてみるものですね!

おかげさまで無事用事を済ませることが出来ました。

21時くらいにメーカーさんが来て、本格的な修理をするそうですが大変ですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する