オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

プログラミングは土台が大事

»

今作っているGUIアプリは、結構相手との通信に時間がかかりますし、
制御すべき機器もあるので、ボタンのイベントハンドラに処理を書いてしまうと、簡単に「このアプリケーションは応答していません」と表示される状態になってしまいます。

C#ではそうならないように、ちゃんとBackgroundWorkerなどの仕組みは提供されているのですが、
別の言語への移植も考え、自前で仕組みを用意しました。
この仕組みが意外とよくできていて、今のところ進捗は順調です。

プログラミングをするときは、
やはり基本思想や設計という土台となるものが非常に大事ですね。

簡単なGUIアプリであれば、試行錯誤しながら作っていくこともできますが、
そういう場合、後から反応が悪いと指摘されても直すのが難しかったりしますし、
実装に時間がかかって、納期遅れにつながったりもしましね・・・

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する