オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

Mail.app を起動しないように

»

Mac OS X 標準の Apple Mail.app はよくできていて使いやすいのですが、結構メモリを食います。
VMware で仮想マシンを使いながらだと、4GBのメモリがすぐに足りなくなるので、
常駐させないように工夫してみました。

といっても、biff 系のアプリケーションを探しただけですが・・・

今使ってみているのは、MenuMail というものです。
(※App Store に同名のものがありますが、違うようです)

MenuMail

メニューもたったこれだけのシンプルなプログラムですが、IMAP4Sにも対応しているので、
仕事で使うようなメールサーバも指定できます。

メールが到着すると、封筒のアイコンに赤い数字が出てわかります。
このアイコン自体をクリックすると、Mail.app が起動します。

Mail.app を常時起動していると、気が散ることも多いですが、これだとあまり気にならず今のところいい感じです。
できれば、受信したメールのタイトルくらい表示してくれるともっとありがたいですね。

POPであれば、結構簡単に作れると思いますが、IMAPはややこしいので自分で作る気にはなりませんね・・・

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する