オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

Windows 8 を使ってみた

»

自社製品を開発、販売している都合上、早めに目処をつけたほうがいいと思い、インストールしてみました。

IMG 0880
パッケージは今までよりお洒落ですね。

IMG 0881
空けると鍵の絵が印刷された紙が・・・

IMG 0882
ここにプロダクトキーが印刷されています。
なかなか凝っていますね。

インストールは30分程度で終わります。
12

 

さて、ここからが問題です。
インストールしてみて、「タッチパネル化騒動」の理由がなんとなくわかりました。

インストールの終盤、操作方法の案内が表示されるのですが・・・
3

いきなりタッチパネルデバイスの場合の操作方法が表示されます。
4
コンピュータに詳しくないけど、iPadなどに慣れた人はついついやってしまいそうですね。(本当かなぁ)
その後きちんとマウスの場合の操作方法も表示されるのですが・・・
5

デスクトップ画面はWindows 7に似ています。
6

しかし、Windowsキーを押して表示されるのは見慣れたスタートメニューではなく、以前から話題になっていたこの画面。
7

意外とどうしていいかわからなくなりますが、ここで文字入力をすると、ちゃんとWindows7とおなじくアプリケーションやドキュメントを探してきてくれます。
8

これなら安心ですね!

まだ今日はここまでです。
Windows は得意ではないですが、新しい物は面白いですね。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する