オルタナティブ・ブログ > 地方創生と次世代人材育成 >

ICT/IoT、ドローンなどを活用した地方創生や次世代人材育成に取り組んでいます。

上手い聞き手とは、具体的に何をしていますか?

»

今日は午前中の便で札幌から東京に戻って、

ひさしぶりにコンサルタントとして営業同行でした。


お客さまには、顕在化している課題、潜在的に存在する問題、将来的に発生すると予測できる事象などがあります。

これらの事象は相互につながっていることが多いので、お客さまとお話をしながら、自分の頭の中で事象と事象を連携していき、次に何がおこる可能性があるのかということをイメージしていきながら話をします。

そのようなプロセスで仮説をつくり、その仮説を、

ゆっくりとわかりやすい言葉で、

お客さまに話をしてみて、相手の表情の変化を見ます。


今日も、いろいろなことを気づかせてもらいました。



夕方から、ソフトウェアの受託会社の皆さんが集まられたNPOの交流会にゲスト参加。

ソフトウェアの受託会社は不況業種とも言われていますが、このNPOの交流会に参加されている企業の方々は元気でした。

新しいことにチャレンジする人たちの強さを感じました。

協議会(http://www.biz-solution.org)とも、いろいろと連携していきましょう。


モノをつくれるヒト、会社は強いです。

私たちは構想はすることができるのですが、実際にモノをつくれる訳ではありません。


創る と 造る と 作る

連携は大切です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する