オルタナティブ・ブログ > 地方創生と次世代人材育成 >

ICT/IoT、ドローンなどを活用した地方創生や次世代人材育成に取り組んでいます。

それにこだわり続ける理由は何ですか?

»

社員をどのようにしたい、という個人的な気持ちはありません。

人をコントロールしたいという考え方を持つと、自分の無力さを感じることになってしまうことにもなります。



自社の社員が社会から認められて、自社のお客さまからも大きな期待を得ることができる存在になってくれればいいと思っています。


社会人経験が少ない間は、社内の同僚に評価してもらうために行動することを考えてもらいます。

それはお客さまの前に出るための訓練で、社内の同僚に評価されれば社外に出ても評価される行動ができるようになると思っています。


最終的にはお客さまから大きな評価をもらえると、仕事は楽しいものになります。



そのプロセスの中で先輩社員や上司が、後輩や部下にどのように見えているかということを知らせることを『叱る』と表現するのかもしれません。


経営者という仕事は、社員を育てつづける仕事になります。

自分の会社の理念に共感してもらった社員には、仕事の楽しさを感じてもらいたいですし、最終的には幸せになってもらいたいと思っています。


ですから人材育成という仕事にこだわり続けています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する