オルタナティブ・ブログ > 森崎修司の「どうやってはかるの?」 >

計測できそうでできない多くのこと。エンピリカル(実証的)アプローチで。

NTTデータのFollow the sun開発の取り組み姿勢に期待したい

»

インタビュー記事でNTTデータ山下社長の話の中に出てくる「眠らない会社」(日経ITpro)。海外の拠点との時差を利用して、海外とのメンバで同一のソフトウェアを常に開発し続けるというものだ。"Follow the sun開発"と呼ばれていて、ソフトウェア/システム開発に限らず、これまでに海外でも様々な提案や取組みが紹介されている。ソフトウェア/システム開発に関する成功事例はまだ公開されていないようだ。

海外での提案においてもFollow the sun開発には賛否両論があるようだが、このブログで取り上げた理由は、このような新しい試みに対する姿勢の重要性にある。記事をみると山下氏は本件について「実験をやります」と言及している。「社員はなかなか乗ってくれなくて」と言いながらも実際にやろうとしているところが重要だと思う。

Follow the sunに限らず、新しい試みに対して「難しいだろう」とか「そんなのできっこない」とネガティブな意見を並べるのは簡単だと思う。しかし、やらずにそう言うのと、やってみてからそう言うのとでは全然違う。実際にやってみてどこがうまくいったのか、どの部分に具体的な問題があるのか、どのような前提だからうまくいったのか、等を明らかにすることが大事だと思う。これらは実際にやってみないとわからないことが多いからだ。

ここを読まれている方にも、ぜひご自身の活動について「それは無理だろう」等とやる前に立ち止まってしまっていることがないか振り返っていただければと思う。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する