オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

【動画あり】クイズ番組で、達人に対抗して回答する、コンピューター登場

»

米国で、"Jeopardy!"という有名クイズ番組があります。

IBMのスーパーコンピュータBlue Gene/P上に、音声認識、自然言語処理、情報検索、対話インターフェイスなど先進技術満載のQ&Aシステムを搭載したコンピュータ「ワトソン」が、この番組に登場して回答している様子が、YouTubeに掲載されています。

 

このワトソンがクイズ番組に挑戦することは、昨年4月に当ブログでもご紹介しましたが、実際にクイズ番組に登場し、番組で回答している映像は、今回が初めてです。

 

思えば、コンピュータがチェスの達人を破ったのが、1997年。

それから13年。

決められたルールで、指し手の局面もデジタル化され、特定の課題を解決することが仕事だったチェスの勝負と比べ、どのような質問が出てくるかが予測できないクイズ番組は、コンピュータが非常に苦手とする課題で、難易度ははるかに高くなります。

現在のワトソンは、ビデオにあるように、かなりいい線まで行っていますが、完璧ではありません。

「暴走したのか?」と思えるような答えをすることもあります。

それにしても、コンピュータの進化は凄いものがあります。

 

■Twitter→  http://twitter.com/takahisanagai
■初心者向け
法人マーケ入門→  『朝のカフェで鍛える 実戦的マーケティング力』
■超早朝勉強会、隔週で開催中→  『朝カフェ次世代研究会』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する