オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

「著作権を弱めるべきと主張する人はまず自分の著作権を弱めるべきだ」は正当な主張か?

»

仮に「著作権の保護期間を創作から5年にすべきである」と主張する先生がいたとしましょう(あくまで仮の例、この主張の正当性については別論)。その人に対して「他人の権利を弱めようとするのならばまず自分がそうしてはどうか?発行から5年経った先生の著書をパブリックドメインにしては?」と要求するのは正当でしょうか?

このような要求は一見理にかなっているように見えますが、はずしていると考えます。著作権制度は保護と利用のバランスの上に成り立っています。この先生にとってみれば、他人の著作物を利用するためには従来通り著作者の死後50年(あるいは70年)経つまでは許諾が必要であるにもかかわらず、自分の著作権は5年で放棄することになります。もちろん、社会に対するアピールとして自身の著作権を放棄するのは勝手ですが、経済的合理性の観点からは(他人の)著作物の利用が従来通りなのに、(自分の著作物の)保護だけを弱めることに意味はありません。

逆に、他人の著作物も5年で自由に使えるようになるのであれば、その先生は喜んで自分の著作物を5年でPDにするでしょう(そうでなければ本当のダブスタです)。

要は、著作権の弱体化というのは一人だけで動いてもその人が損をするだけという点で典型的な「囚人のジレンマ」の構造です。「囚人のジレンマ」のシナリオにおいて、囚人Aが囚人Bに対して「このままでは互いに損だから黙秘しよう」と持ちかけた時に、囚人Bが「人に黙秘させようとするなら、隗より始めよでおまえがまず黙秘しろ」と言ってもしょうがありません。囚人Aだけが黙秘するシナリオは囚人Aにとって最悪になるからです。このような状態を避けるためには囚人Aも囚人Bも同時に黙秘することがインセンティブになるような新たなルールを設定するしかありません。

著作権制度の問題の種のひとつはこのような「囚人のジレンマ」的構造により、当事者が最適だと思う行動を取ると結局全体最適ができないことが多いという点にあります。これを解決するためには、基本ルールそのものを変えていくこと、つまり、長期的な展望で思考できる人による制度そのものの改革が必要ということです。

Comment(3)

コメント

こんにちは。ご無沙汰しております。
この問題ですが、
その先生が「パブリックやCCにするほうが著者にも流通によってメリットがある。テレビ局とかレコード会社とかみんなそうするべきだ」と言ってるのに自著はCCつけずにしっかり保護している例についてはどう思われます?

いや仮の話ですよ?

>「著作権を弱めるべきと主張する人はまず自分の著作権を弱めるべきだ」は正当な主張か?

このように論点の詐欺的すり替えを行う人には
「著作権を強めるべきと主張する人はまず他人の著作権を強めるべきだ」
と言いたくなりますね。
人に薦めるばかりでなく、自ら実践して下さいとw

栗原潔

>>孝好さま
1.その先生の真意が「制度改革をしてそのように自由にした方がみんながハッピーになる。もちろん、そうなれば自分の著作物もよろこんでCC(PD)にする」というものである場合。
ダブスタではないと考えます。もちろん、何でもCC(PD)にすればみんなハッピーな世界になるかについては別論。

2.その先生が自分の著作物はいっさいCC(PD)にするつもりはないが、TV局(レコード会社)はCC(PD)にすべきだと言っている場合。

2-a.さらに、その先生の収入の大部分が著作権収入はない場合
ダブスタではないと思いますがpolitical-correctnessの議論はあるでしょう(「麻生大臣は高い酒を呑みながらワーキングプア対策とか言うな」というような大衆への対応)

2-b.その先生が著作権料でがぽっり儲けている場合
「お前が言うな」パターンと思われます。

コメントを投稿する