オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

何だったんだSCO訴訟

»

当時は大騒ぎであったSCO Groupによる訴訟ですが、結局、SCO側敗訴という形で終わりそうです(参照記事)。あまりメディアでもカバーされておらず、完全に過去のお話しという印象です。経緯については、池田信夫先生のブログがよくまとまっています。

しかし、「Linuxのコードの一部が、SCO GroupのもつUNIXの知的財産権を侵害している」ということで始まった訴訟ですが、侵害してるかしてないか以前のお話しで、そもそも、SCO GroupはUnixの著作権を所有してなかったという、トホホなオチだったわけです。元々のシステムV系Unixのソースコードの著作権所有者であったノベルはSCO Group(正確には、その前身であるCaldera System)に著作権のライセンスはしているが、著作権の譲渡はしていないと認定されたということです。

まあ、結果オーライとは言えるのですが、権利の帰属をめぐって4年以上も裁判するというのは、訴訟経済という点でも業界の安定性という点でもあるべき姿とは言えないでしょう。特許のように登記システムがあれば、権利の帰属についてもめるということはほとんどない(他人の発明を勝手に出願するというケースもあるので皆無ではない)のですが。

今さらこんなことを言ってもしょうがないのですが、無方式主義(権利の取得に審査も登記もいらない)の著作権法において、プログラム(オブジェクト・コードを含む)を文芸の著作物の一種として保護対象とし、一律70年(日本だと50年)の独占排他的保護を与えてしまうといいう制度自体に問題があると言わざるを得ません。

プログラムの著作権に基づく権利行使には事前の登録(登記)が必要というような制度にしてもよいような気がします。また、バイナリをCDに焼いて販売とか、ネット上で公開というようなケースは個別の法律で明示的に禁止するか、不正競争防止法等で処理した方がよいような気もします。

ソフトウェアを著作権法で保護するようになった経緯としては、ベルヌ条約等により古くから国際的な調和が取られていることから一番好都合であったという事情があったそうです。しかしながら、どう見ても工業製品的要素が強いソフトウェアを著作権法で保護することで、いろいろなほころびが出てきているように思えます(これについてはまた書きます)。

===
まったくの余談ですが、SCO Groupの前身のCaldera SystemのCEOにインタビューしたことがあります。Ransom Loveさんというのですが、直訳すると「愛の贖罪」です。映画のタイトルみたいですよね。本人に「本名ですよね?」と聞いたら「よく聞かれるけど、本名だよ」と笑ってました(正確には「そのネタはもう勘弁してよ」という感じでした)。

Comment(3)

コメント

エクサ

>栗原様
>ソフトウェアを著作権法で保護するようになった経緯としては、
>ベルヌ条約等により古くから国際的な調和が取られていることから
>一番好都合であったという事情があったそうです。

ナムコの「パックマン訴訟」がきっかけだと聞いたのですが
違いましたっけ?

ナムコが、自社ゲーム「パックマン」のデッドコピー基盤を入れた
ゲーム機を店頭に置いて営業している喫茶店かどこかを、
「著作権法違反」で告訴して、その主張が通ったからだと聞きます。

確か「ゲームは映画の著作物である」という主張を前提に、
上映権だったか頒布権だったかの権利を侵害している、
という風に論理展開、
「デッドコピーを置いている店は上映権違反である」という論法で店を訴えて、
それで勝訴した、ってことがきっかけとなって、
著作権法に「プログラム著作物」という項目が作られた。
そして、著作権法に記載されたという事実を根拠にして、
一般の人の間に「プログラムは著作物である」という認識を作っていった。

てのが、「ソフトウェアやプログラムを著作権法で保護するようになった」
きっかけだと聞いてました。

ぼんぼ

中山先生の著書「ソフトウェアの法的保護」を私が曲解しているのでなければ、米政府のゴリ押しだったような…<経緯

栗原潔

パックマン訴訟は、プログラムにも*何らかの*法的保護が必要という認識を生んだ契機となったと思います。
で、通産省(当時)は、ソフトウェア保護法という特別の法律で保護しようとしていたのですが、米国の圧力で著作権法改正で対応する形になったと思います。
著作権法で保護することになった理由としては、ソフトウェアの保護をとにかく強くしたいという米国の都合という説もあり、条約の基盤が既に整っている著作権法にするしかなかったという説もあるようです。

コメントを投稿する