オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

web焼きそば屋の栄枯盛衰『mF247』の終了

»

インディーズ音楽配信サイト「mF247」が終了 ひろゆき氏と再出発から4年

mF247のサービス自体を触ったことはないのだが、
なんとなしに好意的なイメージを持っていたので残念だ。
こうしたサービスを使ってないのに残念と書くと、
じゃあ使いなさいよとツッコミがはいるとも思うが、
僕が残念だなと思うのはこのサイトのビジネスモデルの
インタビュー記事を読んだことがあって、それがとても印象的だったからだ。

mF247の丸山茂雄さんが考えた「焼きそば屋的Web2.0ビジネス」(下) (2/2)

 「歩行者天国では実はバンドはまったく儲かっていなくて、儲かってるのは焼きそば屋とかホットドッグ屋。だから僕たちは聴く人からお金を取るつもりはな いし、ミュージシャンから貰っている審査料も、そのうち撤廃するかもしれない。だから焼きそば屋とかで儲ける仕組みを作ればいいんだよね」

このインタビュー記事でも書かれているが、
「歩行者天国の焼きそば屋」を狙うというスタイルが、
実際のところビジネスモデルとしては
やっぱり成り立たなかったということでもあるのだろうか。

Web2.0といった言葉が聞こえなくなったが、
ユーザを集まる場を作り「あなたが作って、僕が稼ぐ」
と言ったユーザにコンテンツを作らせるような仕組みのものは、
飽和を迎えつつ有るのだろうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する