オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

Decade2010更新しました

»

田舎に帰っていたとこともあり、
自分を見つめなおす時間もたっぷりととれたので、Decadeを更新しました。

本家の河野さんのDecadeはこちら

作っているうちに、新しいページの追加とあわせて昔のページも整え、

追加すると、過去のことの棚卸しもでき、自分を見つめ直す良い機会になりました。

特に悩んだのはサブタイトルDecade発案者の河野さんは、
「ぼくはぼくとぼくの好きな人のためにがんばる」といった
サブタイトルをつけてます。
これまで僕は「走る男の○年間」とつけてましたが、
ここに入れるのは、どちらかというと、自分のポリシーみたいなものかな?
と思い自分が一番心に響いている言葉として
「答えは日常の中にある」と入れました。

「なんの答えよ?」といわれてしまうと困ってしまう部分があるのですが、
たとえば、「自分探しの旅」なんて言葉があります。
僕も2010年にしてみた経験があります。

結局その旅では、何かが見つかったような、みつからなかったような、
もやもやとした結果に終わったわけなんですが、
考え、その結果行き着いたのは、「答えは日常のなかにある」という言葉でした。

僕もたぶん一般の普通の人も、知らないどこかに、「自分を飛躍させる何か」があると
思いがちで、それがお金だったり、ステータスだったり、恋人だったりと
いろいろ遠くのどこかにあるんじゃないかと、考えてしまいます。

でも、実際のところそんなものは、どこにもなく、
結局のところすべての答えが眠ってるのは「自分の日常」の中にあるんじゃないかなと
僕は思うようになりました。

日常をどう変えていくかによって、自分の人生はいくらでも変えられるのも、
一つの真実だと思います。

自分自身の棚卸しがてら皆さんも書いてみてはいかがでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する