オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

電子書籍端末の憂鬱

»

松下電器とソニーが専用電子書籍端末から撤退するニュースが出た。


撤退理由の一つに、携帯電話向けの電子書籍市場が成長との言葉もあるが、
実際、「ケータイ小説」の映画化など、
携帯電話向けの電子書籍の文化は革新的な道を歩んでいる。


例えば、
ケータイ向け電子書籍の市場規模は182億円に──「電子書籍ビジネス調査報告書2007」



との調査もあるように、すでにネットにつながり、
自由にファイルのやり取りができる携帯電話が、
専用で「本のような」電子書籍端末に取って代わって行ったのではないだろうか。


世の中が求めているのは、「本」に取って代わるものではなく。
「本」のよりも気軽に楽しめる端末だったというところだろうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する