オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

ニコニコ大会議で反響した声は学校の裏サイトと対して変わらないんじゃないだろうか?

»

■[web][think]友人がニコニコ大会議に行って来たの話

※ブログ筆者の友人のニコニコ大会議の感想
「あと、その次に頭の薄いおじさんが質問してて、画面には『ハゲwww』『更年期wwww』とかコメント流れてて、もうみんな笑いすぎてて質問何言ってるかわかんないほどだった」

「『ハゲwww』ってコメントが流れてきたとき、会場のあちこちから小声で『ハゲ…』『ハゲ…w』って聞こえてきてさ、画面のコメントを読んでるだけなのに、その人に直接言ってるみたいに聞こえちゃう不思議」

「このあたりが一番たのしかったな」

ニコニコ大会議というニコニコ動画のオフラインイベントの
イベントレポートですが、
リアルタイムでイベントの風景にコメントを入れられていたようです。


言ってしまうと、ニコニコ動画で撮影した録画にコメントしているのではなく、
リアルタイムの映像にみんなでコメントしながら、
しかもそれを現場の人が見ていると言う光景になりますが、
ヘビーなニコニコ動画のユーザではない自分から見ると、
非常に気持ち悪い光景ではないかなと思います。



今回のニコニコ大会議の場合、リアルで生のコメントが直で反映される
面白さは確かにあったのかもしれませんが、
そのおもしろさは、いわゆる中学とか小学校時代にあったような、
いじめっ子がいじめられっ子をなじって笑う面白さに
近かったんじゃないかと予想します。



今回紹介させていただいたブログの筆者は、

きっとこの会場はその瞬間、世界の何処よりも「インターネットのような空間」だったはずだ。言い換えれば、「夢のような場所」かしら。


と評していますが、学校の裏サイトなんかと何ら変わらない、
一歩間違えれば、どこまででも悪い方向へと突き進むかもしれない、
危うさを自分は感じてしまいます。

Comment(13)

コメント

通りすがりますよ

とりあえずこちらをご覧ください。
http://anond.hatelabo.jp/20080706112744

上記リンク先の情報の信頼性も高いわけではありませんが、まあ一応の自浄作用が働いているのではないかと思われます。
それなりに人目に付くところにエントリを書くのだったら、もう少し状況を見極めてからでも遅くないと思いますよ。

工藤@一人シリコン

>>通りすがりますよさん

エントリ紹介ありがとうございました。
「言われた本人の方が平気と言っているから誰でも平気」や
「むしろおいしいだろ?」
的なノリで今後すすんで欲しくないと思い、
今回の自分のエントリーをあげさせていただきました。

友人レベルまで親しいのであるならば、
「冗談」と言うのでも収まるのですが、
「同じサービスを使っているだけの他人」の
容姿を誹謗中傷(とも受け取れる)するユーザを
作り出すことは、ニワンゴがwebサービスの送り手として
正しいことなのか?と疑問に思います。

匿名

件の人も仰ってますが、人によっては結構なダメージを喰らいかねないというのが問題ではないでしょうかね。
あの「ハゲの人」は受け流していた、というのは免罪符にはならないと思うのですが。


結局、人間の精神性なんて子供の時からそう大して進歩しないということを証明していますね。
確かに「ハゲの人」の仰る通り、これから先こういった現象は度々発生していくのでしょう。
大体ニコニコのユーザーが集まればこういったことが起こるということ位、幾らでも予見出来た筈なんですけどねぇ。
芸人の久本さんがネタにされているMADが何本ニコニコにあるかを見れば、結局誰も他人のことなんて考えて居ないということが推し量れるというものです。

mohno

もう一票。

通りすがりますよ

うーん、仰ることはごもっともだと思います。
ただ、今回規模の大きさとか、メディア注目度の高さとかはありますが、今回のような事は、もっと規模の小さなパネルディスカッションであるとかトークショーであるとかで起こりうる現象とさして変わらないと思うんです。果たしてニワンゴの仕切りが他の小規模な催しのそれと大きく異なるものだったのか?と考えてみたのですが。

あと上記の匿名ダイアリーは、ご本人が「俺は気にしない」という表明をしていたことよりも、他のエントリで本人を特定させないように紛れのエントリをする人がいたことを評価したいです。結局本人が前に出ちゃってますが(笑)

で、一番問題にするべきは「ハゲ」だの「おっさん」だのと、祭り気分に浮かれて書いちゃう人間なのだと思います。かといって、自分もそんな浮かれモードに入った際にそのような失言をしないのか?と考えると、確信を持って「無い」とは言い切れません。だったらそんな浮かれモードを煽るなと言われるかも知れませんが、祭りのときにそれを言うのも野暮だろうというのもありますし。酔っ払いが勢いで暴言吐くのは「やれやれ」と思いつつスルーするしかないのでは?

あとは祭りの後、その場の空気を日常に持ち込まないことが出来ればいいんじゃないだろうかと思っています。それを持ち込んじゃう人がいるのがネットの世界の怖さなんでしょうけど、それはニワンゴの仕切りの問題と決め付けていいのか?ここについては些か疑問です。

通りすがりますよ

ありゃ、改めて読んでみるとちょっと足りてない部分が…。

>もっと規模の小さなパネルディスカッションであるとかトークショーであるとかで起こりうる現象とさして変わらないと思うんです。

ここはもちろん「ハゲ」だの直接的な言葉が飛び交うわけではなく、例えばちょっと的外れな質問をした人がいて、それに対して会場からクスクス笑い声が聞こえたりする、くらいの現象はあるよね、という意図です。

mohno

仕切りの問題でしょう。多少浮かれた参加者がいたとしても、それをうまく仕切るのが司会進行のリテラシーってもんです。
たしなめて、それでも質問者が「いや、気にしませんから」と言って、話が続いたというのであればともかく、一緒に笑ってたってのは、結局、そういうことを受け入れる人々しか入り込めない場所だと表明しているようなものでは?

おおた

通りすがりたがる人には「まあまずは(仮名でもいいから)名乗りたまえよ」と言いたくなるたちですが(このAnonymous Cowardめ!とは言いませんが)、それはさておき。
 そりゃたしかに「酔っ払いが勢いで暴言吐く」のは困ったもんだなぁとは思いますが、場所によっては警察や警備を呼んでつまみ出すべきですし、「酔っ払いが勢いで刃物振り回して人を傷つけた」なら逮捕されて当然でしょう。「集団で一人に物陰から石を投げつけた」のならそれが酔っ払いでも許されることではないでしょう。ましてや、酔っ払いではなく「浮かれた」のなら素面でやってるのに等しいですよね。
 ニコニコ動画は良くも悪くも「クローズド」なサイトであり、ある意味「そういうことを受け入れる人々しか入り込めない場所」という側面もあることは否めません。皆が皆とは言いたくはないですが。でも先日のITMmedia記事の『日中韓「ニコニコ」コラボ 香港と韓国の“歌姫”、ミク曲をデュエット』においても、お約束のように「まずその臭い手を洗えよ」「韓国は失せろ」と画面写真に写りこんでいて、「相変わらずだなぁ」と暗澹たる気にさせられました。
 言葉は刃物にもなります。匿名だからって何言ってもいいわけではない。ましてや「匿名をいいことに」何を言ってもいいわけではない。2ちゃんねる以降の『匿名文化の暴力性』には、工藤さん同様危うさを感じます。言い換えれば、「悪夢のような場所」かしら。
 まあ『現実に』当人に面と向かって指差して「ハゲww」と言えるような人が本当にいるのなら、そして世の中そんな人ばっかりなら、私の方が考えすぎってことになるんですがね(苦笑)。

通りすがりますよ

すみません。これで最後としますので名前はこのままで。

>mohno様
なるほど。一理あります。
司会進行側が一緒になって笑ってたのかどうかは存じ上げませんが、止めようがあったのは確かですね。最低コメント一旦停止させる事も可能だったのかな?

ただ、工藤様のソース元になってるこちら(http://d.hatena.ne.jp/magoshin/20080704#p1)でも、賛否両論、コメントの応酬が見られますし、ユーザー全体の論調も同じようなものなんじゃないかと思います。皆が皆、あれを受け入れているという事はおそらくないでしょう(反応の大小はあるでしょうが)。加えて推測ではありますが、ニコニコ動画の場合、比較対象になることの多い2ちゃんよりも運営サイドの権限は遥かに大きいでしょうし、好ましくない事態に対する対応手段も多数あるだろうと思います。そして(夏)になっていよいよ(ようやく?)懸念されていた問題に対して、具体的な対策を講じ始めていますし(遅いだろとか順序違うだろとかはあるでしょうが)、とりあえずまだまだ火種は残ってるけど、そう悪くもない状況なんじゃないかな?というのが、ちょっとだけ動画も作ってみたりしている側としての私の感想です。
もっとも、さすがにあの状況を「すげえ!画期的だ!」とか言う論調には賛同しませんが…。

>おおた様
お言葉承りました。次何かコメントする機会があれば、ジョン=スミスくらいは名乗ろうかと思います(笑)

非ハゲ

ハゲってコメントも捻りがないコメントだけど
顔を出して発言する以上しょうがないんじゃないか
まぁスクリーンに映すと余計ハゲが目立つけど
本来、人前で発言するのはそうゆうリスクがある
だから匿名(特定不可)の気軽な発言の方が自分は好きなんだがw

工藤拓也@一人シリコン

>>ななしさん
>あの「ハゲの人」は受け流していた、というのは免罪符にはならないと思うのですが。
同感です。
ボケてない容姿とかに対して
ツッコミを入れるのはどうかと自分も思っています。

>>吉田さん
ご賛同、ありがとうございます。

>>mohnoさん
仕切りの問題は多少はあるかもしれません。
固くないイベントだけど、企業やサービスが関わる部分も
あったので、締める部分で締めなかった感はありますね。

工藤拓也@一人シリコン

>>とおりすがりさん改めジョンさん
さまざまなご意見ありがとうございます。
貴重なご意見いただけてるので
是非とも次回から「ジョンスミス」
で書き込んでいただけると助かります。

司会の問題も、ユーザの問題もありますが、
生放送のコントロールするテクニックが、
イベント側に必要だったのは必ずあるかと思います。

ネガティブな表現を押さえ、ポジティブなまま
放送、進行を進めるテクニックはTV局やイベント企業から
学ぶ必要があるかもと少し思いました。

>>おおた
>2ちゃんねる以降の『匿名文化の暴力性』には、工藤さん同様危うさを感じます。言い換えれば、「悪夢のような場所」かしら。

非常に上の部分は同感します。
顔出しブロガーなので、批判なんかもすべて受け取る気概で
書いているつもりですが、
顔や名前なしで意見することのデメリットを
もっとネットユーザーが理解した方が良いかもと
思っていたりします。

「ネットでは別人」という文化が薄まってくれないものですかねえ。

>>非ハゲさん
ハゲや、はげでないに関わらず、
公開私刑もしくは公開炎上的な燃え上がりを、
イベントで感じたと言うことを、自分は伝えたいです。

コメント一つ一つにIDがあった方が良いと言う訳ではなくて、
名無しの一人の気軽な発言が「名無しの人たちの総意」
みたいな感じになってしまうのも問題だなと思ったりします。

人から言われてやなことは言わないに限ります。

コメントを投稿する