オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

嘘会社PR「隙間広告社」というサイト

»

x2.5(ニバイハン)さんが取り上げていた「隙間広告社※音が出ます!注意
というサイトがなかなか面白い。

x2.5(ニバイハン)隙間広告社
なにこれ?本当にこんな広告あるの?

ニバイハンさんの驚き通り、無駄に丁寧にサイトが作られている。

隙間広告社のサイトは、渋谷の広告会社で、
渋谷の中にあるダクトやポリバケツ、階段などを
広告媒体として扱うという、、、、嘘会社のPRサイトである。

つまり、丁寧に媒体資料や、社歌まで作ってあるにもかかわらず、
嘘なのである。
というか、社歌がよい。

無駄に、手の込んだ社歌のPVまで作成しているあたり、

制作者の心意気が伝わってくるようだ。

「神は細部に宿る」という言葉もあるが、

こうしたネタ、ジョークを元にした企業PRを展開する場合、

紙芝居的なコンテンツだけでお茶を濁すのではなく、

誰がみるかわからない部分までしっかり作るという姿勢が重要だと思う。



この、隙間広告社はフロンティアインターナショナル
と言う広告代理店が行っているPRサイトなのであるが、
こうした嘘会社PRはほかにも有るのだろうか?

Comment(3)

コメント

りょーた

確かに面白いねー
営業日誌が勉強になる。
これって海外の実際の広告だよね?コーヒーカップとか、包丁とか。
広告って、確かにアイデアだよなぁ。

工藤@一人シリコン

>>りょーたさん
コメントありがとうございます。

ひねりの利いた広告なら、下記のサイトをご確認ください。
http://www.pronetadvertising.com/articles/creative-advertising-that-makes-you-look-twice.html
スライドショー形式でまとめてあり、
見やすく勉強になります。

日本だと路上のサインを生かした広告はまだまだ
いいのがないですね。

路上を音楽をまわしながら
ぐるぐる回っているラッピングバスとか、
非常にエコとはかけ離れていますし。

センスとは難しいですね。

今井アレクサンドル

電話くれ、外国で当たる,助けろ。

コメントを投稿する