オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

gooラボVS@Niftyラボに潜入【OBII】

»

先日、大手町ビジネスイノベーションインスティテュートのミーティングである
gooラボVS@Niftyラボ」に潜入してきました。

今回のメインとなるサービスである

nifty TimeLineβ

携帯動画パノラマ実験

の2つのサービスの説明からスタートしました。

あ、「VS」と言っても、
マジンガーZ対デビルマン」みたいなもんで、
特にどちらかのサービスが優れているとか
そういった評価をする場ではなく、
それぞれのサービスがどうやって作られたか、
どうやったらもっと楽しくなるかを話し合いました。

いつもいつも、こういった現場に来ると驚かされるのが、
サービスが作られるまでのスピード!

「nifty TimeLineβ」に至っては、
「Rudy on Rails」と「少数精鋭の開発人数」
半年ぐらいで作られたと言うスピード感
(しかも少数精鋭の開発人数の人たちはすべて兼業!)

うーん、、、やっぱり技術を兼ねた企画屋さんにならないと、
自分もいけないなぁなんて思いました。

面白くてお金になるかわからないことは、
とにかくスピードでコスト安で作らないとならないってのは、
定石ではありますが、改めて実感いたしました。

「携帯動画パノラマ実験」は、
gooラボが開発したCGM+動画なサービスです。

自分も使ってみましたが、
感触としては、オンラインの動画ストレージぐらいな
ノリで使っても面白いかもしれないと思いました。

携帯電話で保存できる要領なんて大容量SDを買わない限りは、
たかが知れていますから、公開先も指定できるようなので、
今のところの使用用途としては、そこぐらいかなぁと。

携帯動画をサムネイルで紙芝居風に表すことが出来るのが、
なかなか面白い。
ケータイのソフトで取り入れてくれないかな、、、
合ったら便利なのに。

MTGは、最後にそれぞれのチームの課題、

@Niftyは「TimeLineのマネタイズ」

gooラボは「携帯動画パノラマ実験の新サービスやPR」

をそれぞれ考えて終了となりました。

皆様もよろしければ、

nifty TimeLineβ携帯動画パノラマ実験

を体感してみてくださいな。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する