オルタナティブ・ブログ > プログラマー社長のブログ >

プログラミングでメシが食えるか!?

荒川ゴルフクラブさんでドラコンイベント開催

»

10月12日、福島の荒川ゴルフクラブさんでドラコンイベントを開催しました。6月に埼玉で飛ばしのイベントを開催しましたが、初めてのイベント開催でかなり手探り状態で、関係者全員が無償でやってみる、という感じでしたが、今回はきちんと練習場・日本プロドラコン協会(JPDA)・JPDA所属プロ・日本シー・エー・ディー株式会社がビジネスとして開催したイベントです。

IMG_2074.jpeg

荒川ゴルフクラブさんは左奥に向かって飛ばすと300ヤードくらい天然芝でほぼ平坦なところを飛ばせるので、飛ばしながら方向性を確認するのには最高の練習場です。システムはもちろん日本シー・エー・ディー株式会社のSUPER SHOT SYSTEM

私は練習場の皆さんと事前確認もあるので前日早めにいわきに向かい、とりあえず300球練習しつつ、

IMG_2190.jpeg

新兵器?のバランス調整をしたりしてから、スタッフの皆さんとお話しをしておきました。

IMG_2281.jpeg

押尾紗樹プロはイベント前日の仕事を終えてから早めに練習場に到着できたので、当日使うmevoを使いながら練習。「固くてよく飛ぶボールですね〜」と打感も確認しながらかっ飛ばしていました。

夜には安楽拓也プロも到着して、練習場社長にご馳走になりながらイベントの意識合わせなどを行いました。

IMG_2284.jpeg

イベント開始直前に安楽プロ・押尾プロが体をほぐしていると、すでにお客さんたちは興味津々!

IMG_2289.jpeg

午前の部が始まりました。安楽プロの飛ばしのトークからはじまり、お客さんも熱心に聞いたり感じをつかんだりしていました。途中途中でプロの実演もあり、軽ーく振っているのにカッ飛んでいくボールに見入っていました。

練習場で練習する際にはmevoなどを使ってヘッドスピードなども意識しながら練習すると、自分がどのくらいでスイングしたときが一番気持ちよくボールが飛んでいくかをつかめるのでお勧めなのです。荒川ゴルフクラブさんではmevoをフロントで無料貸出しています。

IMG_2298.jpeg

トークだけで終わらないのがJPDAイベントのすごさ!なんと無料でワンポイントレッスンを受けられます。安楽プロ・押尾プロが一人ずつ丁寧に、なおかつ、楽しくアドバイスをしていました。ドラコンプロが使っているドライバーを試し打ちしてみたお客さんも大勢いて、「こんなに軽いの?」「シャフトが柔らかい!」「打ちやすいし気持ちよく飛ぶ〜!」と感心していました。

昼食をはさんで、午後の部の前にも少しウォームアップ。私もせっかくなのでちょっとだけかっ飛ばしておきました。

本当は私の動画ではなく安楽プロや押尾プロの動画を張り付けておきたいところですが、プロの動画はいろいろと権利関係も調整が必要だと思うので・・・。まあ、軽く振ってこのくらいのヘッドスピードが出るようになったのはmevoのおかげです。練習する度にmevoでヘッドスピードを意識していたら、どうやって振ったときに速く振れるのかを知らず知らずのうちに選択していった感じですね。

IMG_2302.jpeg

午後の部は安楽プロのトークも午前の部で場の感じをつかんだのか、さらにポイントが分かりやすくなった感じで、お客さんたちもどんどん引き込まれていました。安楽プロの実演はもちろん凄いのですが、実は押尾プロの実演がポイントで、「男子プロが飛ぶのは体も凄いし当たり前じゃん!」と皆さん思うのですが、見た目は普通のかわいい女の子である押尾プロが「えげつなく飛ぶ!」のを見ると、みなさん「体の大きさや筋力じゃないんだな〜」とやる気が出てくるのです。

予定では午前・午後とも1時間くらいのイベントで、と考えていたのですが、プロもお客さんも飛ばしへの思いが盛り上がり、どちらも2時間くらいやっていました。練習場社長も、「こんなにプロが一生懸命教えてくれるのは初めて見た!」と感心していました。

JPDAは、

「ドラコンで培った飛距離ノウハウをアマチュアに

という存在意義があり、プロたちも惜しみなく飛距離ノウハウを提供します。ゴルフには様々な楽しさがあるのですが、やっぱりティーショットが気持ちよく飛ぶというのは分かりやすい楽しみの1つであり、お客さんたちも関心が高い内容なのです。

台風の影響が心配されましたが、いわきではイベント終了あたりまでは風雨とも弱く、安全に実施できました。

また是非こういうイベントを企画したいと練習場社長からの嬉しい言葉をいただきました。イベント実現にあたり、二人のプロにはもちろん、JPDA本部の皆様、練習場の皆様の尽力に心より感謝します。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する