オルタナティブ・ブログ > 事業のヒント >

事業アドバイザーとして活動する以前は、会社の経営者として様々な事業を立ち上げていました。その時代の失敗談、成功談から最近の事業アドバイス事例、改善事例など、事業繁栄のヒントになる実体験を書きます。

先物取引の結果

»
事業を拡大している時期は自由な時間が結構ありましたので、先物取引に手を出したことがあります。

電話営業か何かがきっかけで、「何やら交易」という会社を通して取引しました。

追証とかの最低限の知識はありましたが、あまり詳しいことは知りませんので、ただ「一発当ててやろう!」という勢いだけで始めました。(笑)

いくつかの銘柄を売買した結果、プラスマイナスゼロくらいの成績でした。

ハイリスクハイリターンんの「ハイリターン」を期待していただけに、パッとしない結果にガッカリして辞めることにしました。

間もなくして、その会社の担当者から電話があり、アラビカコーヒーが豊作で大暴落するという情報が入りました。

「どうせ、また外れるだろう?」と適当に聞いていたら、今までとは違った必死さが伝わり、真剣に話を聞きました。

直感で「これはいける!」と思った私は、2週間後に必要な資金を全部つぎ込んで、アラビカコーヒーを売りました。

簡単にいえば、先に売って、値段が下がった時に買い戻せば、その差が利益になるということです。

担当者が言は「これは絶対に間違いない!」ということと、私の当てにならない直感だけで即断したのです。

当時はインターネットがありませんので、相場を調べるすべもなく、勘で判断するしかありません。

あとは暴落するのを待つだけですが、何日経っても暴落する気配がありませんし、上がることもなく一定の価格でした。

期限が迫ってくると焦りますが、あざ笑うかのように値動きしません・・・。

結局、そのお金が必要な前日まで待ったのですが、どうしても必要なお金だったので、その時点で買い戻しました。

結果的には、プラスマイナスゼロでした。

その次の日に新聞を見ると、何と、値下げの下限である「ストップ安」まで価格が下がっていました!

この時のショックと言ったら、もう口では言い表せません。(笑)

その次の日も、またその次もストップ安が続き、史上最安値を軽く更新して、さらにストップ安が続いたのです・・・。

結局、暴落は2週間も続きました。

その間は、「無理してでも、もうちょっと、あと2日待っていたら・・・」と、ひたすら後悔していましたね。

それもそのはずで、金額にして2000万円以上も儲け損ねたのです。

実際は、最安値で買い抜けるのは難しいので、それでも、軽く1000万円以上の利益を手にしていた可能性があったのです。

こうして思い出しても、あの時のショックがリアルによみがえってきます。(笑)

今回は余談のような内容になってしまいましたが、まあ、世の中こんなもんですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する