オルタナティブ・ブログ > 事業のヒント >

事業アドバイザーとして活動する以前は、会社の経営者として様々な事業を立ち上げていました。その時代の失敗談、成功談から最近の事業アドバイス事例、改善事例など、事業繁栄のヒントになる実体験を書きます。

隣の芝生は青く見える

»
コンクリート製品製造工場の元請けとして、主に2社の工場に入り込んでいました。

勢力拡大が一段落した頃は、メインの1社は専務に任せ、もう1社は私が時々現場に入っていました。

人材不足だったのと、私のゴルフも落ち浮いてきて暇になってきましたので、適度に現場に入っていたのです。(笑)

基本的に勤務地は分かれていますが、状況によって移動することもあり、休日などは忙しい方に応援に行っていましたので、お互いに交流はありました。

そんな時、20代半ばの女性を採用し、家から近いことから私の方の工場勤務になりました。

女性にできる仕事は限られているのですが、そんな中でも、そこそこ頑張っていて、それなりに仕事はできていました。

(それなりかい)

ある日、彼女は無断欠勤しました。

真面目な性格だっただけに「おかしいなあ」と思いながら仕事をしていると、専務から電話があり、そちらの工場に来ているということだったのです。

本人がどうしてもそちらに行きたいということで、泣きながら専務に直談判したということでした。

私に何も言わないのは間違っていますが、本人が行きたいのであれば、それを尊重しようと思ってOKを出しました。

その直後に専務に「続くと思うか?」と聞くと、「無理でしょうね」と即答してきました。

私もそう思っていましたので、「そうやろうな。まあ、とにかく頼むぞ」と言って任せました。

というのも、メインの工場は人数も多くチームワークが良かったのですが、かなりハードな仕事だったのです。

でも、パッと見は和気あいあいとして仕事をしているように見えます。

ちなみに、自分で言うのも何ですが、これってすごいことだと思います。(笑)

一方、こちらの方は、それに比べて「ぼちぼちでんなあ・・・」という仕事ペースでしたので、かなり差があったのです。

でも、本人は外面しか見えおてらず、深く考えずに「あっちの方がいい!という感情で行動してしまったのです。

その結果は、予想通り半月も持たずに辞めることになりました・・・。

私の顔に泥を塗ったこともあり、こちらに戻るに戻れず、辞めるしかなかったのです。

「一寸先は闇」というやつですね。

あ、間違えました。「隣の芝生は青く見える」でした。(笑)

(ぜんぜん違うやんけ)

大したことじゃないと思えるかもしれませんが、いろいろ考えさせられる出来事であり、そこそこはっきりと記憶に残っているのでした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する