オルタナティブ・ブログ > Azureの鼓動 >

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

今夜も夜更かし確定。MIX10キーノートはWindowsPhone7とSliverlight4とHTML5?…とてんこ盛り

»

全世界のマイクロソフト社員には、MIX10を前に、ブログやtwitterによる
発言の注意喚起がかなり徹底されている。加えて、キーノートで何を発表するか
といった正確な情報は社内でもごく限られた人々にしか伝達されていないため、
私も知らないことが多く、ここではほのめかすことすらできないことを
申し訳なく思っているが、なにやら楽しそうなストリーミングが日本時間の
本日25時から行われるので、時間の確保と心構えをお願いしたい。
(アチラはすでに夏時間PDTなので26時ではなく25時…のはず)

Mix10_01

MIXというのは、マイクロソフトがデザイナーやWeb開発者、ゲーム開発者などを
対象に毎年春先頃、ラスベガスで開催する技術カンファレンスである。
AdobeのMAXに対抗して展開しているといった方がわかりやすいだろうか。

エンタープライズ、パートナー、インフラ、などというテーマになると、
どうしてもコンサバな内容にせざるを得ないのだが、MIXは対象、テーマ、
ロケーションすべての面において、マイクロソフトの技術カンファレンスの中で
自由度が高く、何が出てくるかわからないワクワク感が最大の魅力である。

日本時間で今夜と明日夜のキーノートはいつも通りストリーミング配信されるが、
twitterで追いかけたいと言う方は、#MIX10か日本語縛りの#MIX10Jで。
日本からも私の同僚含め、多くのお客様、パートナー様、マイクロソフト社員が
前日開催のワークショップからすでにラスベガス入りしているので、現地の様子を
レポートしてくれるはずだ。

今回は、キーノートの顔ぶれを見ても、Scott GuthrieのSilverlight4、
Dean HachamovitchのIE9?(たぶんHTML5/CSS)、WMC@バルセロナで男を上げた
Joe BelfioreのWindows Phone 7と、あらかた想像はつくが、どれも楽しみだ。
マイクロソフトが戦略的に取り組んでいるテクノロジー分野が勢揃いしている。

…と書いていて、「ちょっと待て!Azureどうした?」という方もいらっしゃると思うが、
ご心配なく。ブレイクアウトセッションでは Azure がらみのセッションも多く
Web開発者向けの無難そうに見える(とはいえ先日TechDaysで来日した@smarx
担当するのでどうなるか?)概要セッションに混ざって、

- Using Ruby on Rails to Build Windows Azure Applications
(担当のSriram Krishnan、PDCで見かけたがかなりハジけたキャラで期待大
 5月英語版出版予定のオライリー本の著者でもある)

- Microsoft Silverlight and Windows Azure: A Match Made for the Web

- Microsoft Project Code Name "Dallas": Data For Your Apps

といったセッションがさりげなく含まれている。参加費が日本円で15万円もする
有償の技術カンファレンスなので、キーノートのように即日ライブ配信という
わけにはいかないが、追って内容は公開されると思われるのでブレイクアウト
セッションのなかみも要チェック。

月曜名古屋、木曜大阪の Microsoft Virtualization Summit 2010 #mvs2010 など
日帰り出張が多い今週、体力的には厳しいが、MIX10はどうしても見たい。
というか、行きたかった…。せめてライブ配信を見つつ、twitterで現地にいる
錯覚に浸ることにしよう。

ちなみに、そんな私は来週22日からTechReadyというマイクロソフト社員限定の
技術カンファレンス@シアトルに参加予定。対外的に言えること、言えないこと
あると思われるが、こちらも日本のみなさまに状況をお伝えしてゆきたい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する