オルタナティブ・ブログ > フロムインターネット >

インターネットの歴史学

私の2010年を漢字で表すと「再」。2011年は「破」にしたいです。

»

 お疲れ様です、横田です。ほとんど、開店休業状態になっている当ブログですが、せっかく番長様からお題をいただいたので、久しぶりにエントリします。(チューリングの話とか、Webの話とか色々と書きたい事はあるのですが… 色々ありまして…)

 さて、まず2011年の前に2010年の自分の状態を1つの漢字で表したいと思います。2010年の私を一文字にすると「再」という漢字になると思っています。

 なぜ、私の今年1年「再」なのか? Webの状況を見るとWeb2.0ブームの前後に非常に似ているように思っています。TwitterやFacebookの登場を見ると、mixiのような「ソーシャル」なメディアが別の進化を遂げ、またWebの世界に戻ってきたような印象をうけます。

 私は色々と縁があって、この戻ってきた「ソーシャル」なメディアの本「Twitter」と「Facebook」について、それぞれ出版することができました。出版については、今年1年で2冊も本を出すこともできたのも、この「再」び現れた「ソーシャル」なメディアのおかげだと思います。

 また、自分の仕事でも、以前の仕事に「再」び戻ったこともあります。まさか、またこの仕事に戻るとは思ってもいませんでした。

 というわけで、今年の漢字は「再」という文字ですが、来年の自分を表す漢字は「破」としたいです。

 来年は色々と自分の中で、非常に大きな仕事がいくつか待っています。以前の自分では難しい仕事でしたが、これを突「破」できるような自分でいたいと思います。

 来年は色々と忙しくなりそうで、なかなかこちらに投稿するペースもゆっくりとしたものとなると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Comment(1)

コメント

2011年は、自分や周りや世間の常識を「破って」、「破破破(ハッハッハー)」と笑ってくださいね。「破ら破ら(ハラハラ)」しながら見守りたいです。

コメントを投稿する