オルタナティブ・ブログ > 広屋修一の「Webマーケティングの進化は続く」 >

Webマーケティングのトピックスや、インターネット広告関連技術などを紹介します

IAB が Ad Network/Ad Exchange の品質保証ガイドラインをリリース

»

米国では300を超える Ad Network/Ad Exchange が乱立しており、広告主が安心して広告掲載できるように IAB品質保証ガイドラインを制定しました。内容としては、Ad Network/Ad Exchangeに関する「広告在庫の確保方法」「コンテンツ・カテゴリの種別や深さに関する定義とそれらに対するターゲティングの定義」「広告在庫の調査方法」「オフライン行動ターゲティング・データやサードパーティ・データを利用しているか」に関する情報公開方法詳細を定めたものです。
下記にその具体例の一つである「広告在庫の確保方法」のみ簡単に記載してみますが、こういうチェックリストを作成することで Ad Network/Ad Exchange の品質を具体的に定義しようというものです。これは書かれている項目がこうあるべきというガイドラインではなく、広告主への判断材料を標準化しているものです。

■広告在庫確保の方法■IAB Networks and Exchanges QA Guidelines

1. 媒体ソースの透明性
A. すべてをリアルタイム公開
B. すべてを公開
C. 部分公開
D. 最小限の公開または未公開

2. 媒体との関係の透明性
A. 直接:媒体社からの在庫
B. 間接:Ad Network/Ad Exchangeからの在庫

3. コンテンツの透明性
A. まともな UGC(User  Generated Content)
B~F. やばいコンテンツ
G. プライバシーポリシーがあるか

4. 広告掲載情報の透明性
A. 広告掲載位置
  B. 広告クリエイティブ受容性の可否
  C. ビデオ広告の可否

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する