オルタナティブ・ブログ > An Agile Way >

アジャイルに行こう!

Quality of Engineering Life - 言葉探し

»

プロジェクトファシリテーションの目的は、

  • プロジェクトを成功させるために。
    • 行動を起こすために。
    • ひとりひとりの能力を最大限に発揮させるために。
    • 個人の総和以上の価値をチームとして発揮するために。
  • エンジニアとして、よりよい人生の時間をすごすために。
    (Quality of Engineering Life: QoEL の向上)
    • 気づきを得るために。
    • 仕事の中で、プロジェクトを越えて続く人間関係を得るために。
    • やりがいと笑顔と信頼関係で、プロジェクトに取り組むために。

この2つを、「AND」で取る、すなわち、両立することです(この両立がないと、ソフトウェア開発という業界が持続可能にならない、というのがぼくの主張)。

今、この2番目の QoEL(Quality of Engineering Life) という言葉をもう一度見直しています。この言葉は、末期がん患者をケアする「ホスピス」などで使われる人生の時間の「長さ」ではなく「質」を大切にする、という文脈で使われるQoL(QoL)を、エンジニアの観点から言おうとしたものです。Mary などにも聞いてみましたが、英語としてうまく言えているかどうか疑問です。

Work/Life Balance という言葉があります。これも、生活の中での仕事の位置づけ、バランスを言っています。また、Kent Beck は、Energized Work という言葉を使っていますが、精力的に仕事をする、というためにも、Sustainable Pace などが大切だといっています。また、Deming は、Pride in Workmanship という言葉を使って、仕事へのやりがいを表現しています。さらに、Demingを発展させて、吉田耕作さんが、Joy of Work という概念を使っています。みんな、ちょっとずつ中心がずれながらも、輪郭でかぶったような概念でしょう。

ちょっと整理してみると、人生の質みたいなものは、

仕事 人生
個人 (「個」の価値) Pride in Workmanship
(Deming)
趣味や好きなこと
チーム(「間」の価値)

Quality of Engineering Life
(ここの名前探している

Joy of Work
(吉田耕作)

家庭、和

こんな感じの4象限になっていて、左下、がぼくが注目していることなんじゃないか、と思う。ここにいい名前があるとよいな。"Learning Team" になれること、プロジェクトを超えて続く信頼関係を築くこと、などから構成される価値。やはり、Joy of Work が一番近い気がしてきました。

上段は、要素の価値、下段はつながる価値、という言い方もできるかも。

Comment(2)

コメント

あまのりょー

最近、PFとエンパワーメントという言葉の関係について考えます。

エンパワーメントという語自体、かなり解釈に揺らぎのある概念だと思いますが・・・

もうちょっとまとまったら、平鍋さんとも話してみたいです。

yoda

なかなか、1番目と2番目のANDをとるのは難しいですね。どうしてもどちらかに重き(犠牲)おいてしまい
がちになってしまい、チーム内で重きが違う人が
いると対立になってしまいます。
重きの置きかたは、会社の文化などがあるかと思いますが、こういうことを解決できたらと考えます。

コメントを投稿する