オルタナティブ・ブログ > ソリューション・デザインから未来を変える >

価値あるIT環境を実現し、未来を変えるために、日々のソリューション・デザイン事例を紹介していきます。

子どもらと過ごす時間に困ったらの1分で映画紹介「ルパン三世 カリオストロの城」(1979年)

»

子どもらと過ごす時間に困ったら、の映画紹介。「ルパン三世 カリオストロの城」(1979年)。


不朽の名作というより傑作だと思う。5歳からでもストーリーや言葉の意味合いを十分に理解できなくても楽しめる。演出がユーモアに溢れていい意味で現実離れしていたり、建物や自然の描き方でアニメーションの素晴らしさを感じさせる作品。


安心して子どもと観ることができ、監督である宮崎駿のメッセージを想像して大人も楽しめる。
多少気になるのは、登場人物で死を迎えるキャラがいるところだが、それを子どもが笑うようなことがなければ良い。
クラリスの声が島本須美さんでナウシカや音無響子が脳裏に蘇ってそれも楽しい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する