オルタナティブ・ブログ > 欧州の視点 >

あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

WikiLeaksのJ. Assange氏逮捕される(続報)

»

ついに逮捕となったJulian Assange氏、12月7日のシティ・オブ・ウェストミンスター治安判事裁判でのやりとりが報じられているのでまとめてみる。

逮捕容疑はレイプ1件、不適切な性的接近2件、それに不法強要1件。8月にAssange氏がスウェーデン滞在中に性的関係を持った2人のスウェーデン女性に提訴された。

スウェーデン検察は、1度はあっさりと撤回した容疑だが、再度調査を開始し、11月に逮捕状となった。

裁判所で、住所を聞かれたAssange氏はオーストラリアにある私書箱を回答したという。スウェーデンへの送還に合意するかという判事の質問に対し、Assange氏は「合意できない」と答えたようだ。

判事が読み上げた容疑には、8月14日の夜にコンドームをつける要求を拒否したとするある女性の主張、自身が寝ていたときにコンドームをつけずに関係をもたされたとする別の女性の主張などがあったようだ。Assange氏の弁護士は、「同意しているが保護(避妊対策)のないセックス」についての議論であり、2人の女性はお互いがAssange氏と性的関係を持ったことを知った後で申し立てに至ったことなどを主張したようだ。また、この事件には政治的な含みがあるとも主張した模様。

この日、社会派の作品で知られる映画監督Ken Loach氏、ソーシャライトのJemima Khan氏らがそれぞれ2万ポンドを保釈金保証として申し出たとのことだが、判事はAssange氏の保釈を認めず、12月14日まで拘留するとした。

Assange氏の弁護士、Mark Stephens氏は再度保釈を申請する構え。

だが、Assange氏の意思に反してスウェーデンに送還される可能性は高そうだ。スウェーデンの検察官は、調査はWikiLeaksとは無関係であり、Assange氏がスウェーデンに送還されても、身柄を米国に引き渡す意志はないとしている。

参照記事:British Court Denies Bail to Assange,  WikiLeaks founder is jailed in Britain in sex caseNo intention of sending Assange to U.S.: Swedish prosecutor

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する