オルタナティブ・ブログ > 欧州の視点 >

あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

SamsungのBada、弱まるSymbianの求心力

»

10月、英国で開催されたSymbianのイベント「Symbian Exchange&Exposition(SEE)」で、展示が弱いな(展示されていたのは1機種のみ)とおもっていたら、Samsungが独自のスマートフォンOS「Bada」を展開すると発表した。これが、なにかのはじまり(おわり)のような気がしている。

Badaの詳細は12月に明らかになるが、携帯電話メーカー第2位のSamsungが独自にスマートフォンOSを持つということはSymbianにとって打撃だろう。Samsungはこれまで、Symbian、Windows Mobile、そしてAndroidを採用してきたが、今後はSymbianを捨てるという予想もあるようだ。

Nokiaも「Maemo」と2本柱になるなど、Symbianにとって逆風が続いている。SymbianにとってSamsungのBadaが痛いのは、Nokiaは北米でプレゼンスがなく、現在のスマートフォンを牽引している北米市場ではSamsungが頼みとなるからだ。SamsungがSymbianを採用しない(あるいは比率を減らす)となると、北米のSymbian搭載機のシェアはさらに減る。Symbian Foundationの執行ディレクター、Lee Williams氏は、「Symbianはアメリカではデートサービスと思われている」と冗談を飛ばしていたが、Symbianはいま北米を強化しておかなければシェアの減少を食い止められなくなるだろう。

SamsungのBadaを受け、Sony Ericsson、LGにも大きな変化が出てくるかもしれない。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する