オルタナティブ・ブログ > 欧州の視点 >

あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

T-Mobile UKとOrange UKが統合へーー英国最大のオペレータが誕生か

»

T-Mobile(Deutsche Telekomのモバイル事業部)とOrange(France Telecomのモバイル事業部)がそれぞれ英国で展開するT-Mobile UKとOrange UKを統合させ、ジョイントベンチャーを立ち上げる計画を発表した。英国最大のオペレータが誕生することになる。

英国はVodafone、O2、T-Mobile UK、Orange UKの4社が20%強のシェアをとる4強時代が続いていたが、数年前からT-Mobileは苦戦、シェアは15%以下に落ち込んでいたようだ。現在最大手は、スペインTelefonicaに買収されたO2。なお、O2は英国でiPhoneを提供している。

T-Mobileを巡っては、VodafoneとTelefonicaが買収提案をしていたようだ。予想価格は40億ポンド。

T-Mobile UKとOrange UKが合体すると、売り上げ規模94億ユーロ、顧客2840万人のオペレータが誕生することになる。シェアは37%という。

英国は欧州の中でも先進的な携帯電話市場であり、重要な市場だ。主要オペレータに加え、MVNOもひしめき競争が激しい。

2004年に書いた欧州オペレータ事情の記事はこちらを。5年も経過すると、だいぶ変わりました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する