オルタナティブ・ブログ > 未来の人事を見てみよう >

人事・組織領域を専門とする、クレイア・コンサルティングの広報・マーケティング担当です。人事・組織・マネジメント関連情報をお伝えします。人事やマネジメントの方々にとって、未来の組織を作り出す一助になれば大変うれしいです。

より低い階層の社員のほうがより信頼できる、という調査結果

»
クレイア・コンサルティングの調です。こんにちは。
本日のエントリはHR COMMUNICATIONより。
元ネタは大々的な調査なのですが、深入りすると戻ってこれなそうなので、紹介記事のほうを取り上げます。


Survey: Low-level employees are most trustworthy
より低い階層の社員のほうがより信頼できる、という調査結果


見出し文によると、

Non-managers are trusted more than CEOs, a new survey says. If your CEO is your spokesperson, should you rethink your communications strategy?

管理職でない人のほうが社長よりも信頼できる、と新しい調査は伝えている。もし社長があなたの会社のスポークスパーソンだとしたら、コミュニケーション戦略について考え直すべきかも!?

とのことで、経営幹部の方にはショッキングな内容かもしれません。

この調査はアメリカのPublic Affiairs Pulseというもので、アメリカにおけるビジネスに関する調査を行った際に出てきたもの。

the lower an employee's level in a company, the more likely people will view him or her as ethical and honest.

従業員が社内で所属する階層が低ければ低いほど、人々は彼/彼女を倫理的で誠実だと見なす傾向にある。

とのことです。よく現場は優秀だけど幹部は...みたいな話がありますが、それが調査で裏付けられたということでしょうか。アメリカの話ではありますけれども。

具体的な数字としては、

Eighty-six percent of Americans rate non-managers as having average to high honesty and ethics, whereas 73 percent think managers have the same level of integrity. Only 50 percent think CEOs possess high honesty and ethics.

86%のアメリカ人が、管理職でない人について、平均以上の誠実さや倫理観を持っていると評価、一方管理職については73%のアメリカ人が同等の誠実さを持ち合わせていると考えている。社長については、アメリカ人のたった50%が、高い誠実さや倫理的価値観を持っていると感じている。

主観的ですが、50%あるのは、まだいいほうな気もします。とはいえ、この調査結果の理由は、単に日常的にやりとりをする頻度が影響しているようにも思いますね。社長とはそれほど頻繁にやり取りすることもなく、危機的な状況に下手な謝罪をして批判を浴びる姿を見る、というほうが多いような。。。

PRの専門家は、スポークスパーソンの選出の際に常に社長を選ぶことの是非を検討すべきだ、とコメント。そして

the best face for the company may need to come from the factory floor, not the corner office.

顔を出すのに最適なのは、役員室からではなく、工場のフロアから来る人にする必要があるだろう。

とのこと。もちろんリスク管理上、きちんと対策を施した上で、ということではありますが。

その他にも以下のような結果が出てきたとのこと。

  • A majority of Americans (61 percent) have a favorable opinion of big companies.

    アメリカ人の大多数(61%)が、大企業に対して好意的な意見を持つ


  • Whether or not a company is doing well, Americans don't approve of executive bonuses.

    会社の業績に関わらず、アメリカ人は幹部のボーナスを認めない


  • Americans trust technology companies more than other sectors.

    アメリカ人はテック系企業を他のセクターよりも信頼する。


  • Millennials have the most favorable opinion of big companies among all age groups.

    ミレニアム(ゆとり)世代は全ての年代で見ても大企業に対して最も好意的な意見を持つ

アメリカでも、日本と同様、大企業人気が復活しているということでしょうか。マクロな経済情勢に影響されやすいんですね。。

お読みいただきありがとうございます!


組織課題を抽出するための各種診断を取り揃えております。
メルマガは本日午後に配信!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する