オルタナティブ・ブログ > 未来の人事を見てみよう >

人事・組織領域を専門とする、クレイア・コンサルティングの広報・マーケティング担当です。人事・組織・マネジメント関連情報をお伝えします。人事やマネジメントの方々にとって、未来の組織を作り出す一助になれば大変うれしいです。

リーダーと狂人とは紙一重?

»
クレイア・コンサルティングの調です。こんにちは。
本日のエントリは英国のthe gurdianで紹介されたリーダーについてのアメリカの研究結果のご紹介です。


Are you a leader, or a psychopath? This study might surprise you
あなたはリーダー?それとも精神病質者? 驚きの研究結果


the gurdianの元記事から研究結果を見てみると、

One out of every 25 business leaders could be psychopathic, a study claims.

研究結果によると、ビジネスリーダーのうちの25人に1人が精神病質者である可能性が高いことがわかった。

とのこと。

この調査はニューヨークのPaul Babiak氏という心理学者が行ったもので、TNWによると

Babiak has designed a 100+ question study that can spot the difference between someone with a natural, charismatic personality and someone who feigns charm and charisma in order to get what they want. The latter, by Babiak's definition, would classify as a psychopath.

Babiak氏は100問以上の設問を設計し、生まれながらのカリスマ的なパーソナリティを持つ人と、欲しいものを手に入れるために魅力的でカリスマがあるように見せかけている人とを見分ける調査を行った。Babiak氏の定義によれば、後者が精神病質者に分類されるという。

困ったことに、

"Part of the problem is that the very things we're looking for in our leaders, the psychopath can easily mimic.

「問題の一つは、リーダーの資質として我々が求めているものについて、精神病質者は容易に模倣が出来てしまうということだ。

"Their natural tendency is to be charming. Take that charm and couch it in the right business language and it sounds like charismatic leadership."

彼らはもともと魅力的であろうとする傾向が自然と備わっている。その魅力を正しいビジネス言語で表現すると、それはカリスマ性のあるリーダーシップのように聞こえてしまうのだ。」

Babiak氏の定義によると、この精神病質的な人は魅力的に振舞うのは上手いものの、実際のリーダーシップを発揮する段においては期待された成果が出せないようです。

しかしこの調査自体にも問題があり、その最大のものは、

The problem with Babiak's study, however, lies in a matter of definitions. He seems to use psychopath as a clinical diagnosis, but a diagnosis of psychopathy actually encompasses a far more broad category of disorders.

しかしながら、Babiak氏の研究の問題は定義の部分にある。彼は精神病質を臨床診断の観点で使用していると思われるのだが、精神病質の診断はさらに広い疾患のカテゴリを、実際には包含している。

特に、どのような精神病質的行動がこの定義にあてはまるのかが不明であり、

From obsessive-compulsive to histrionic and disorders, any or all of these could very well fit the behaviors of a successful leader or entrepreneur, as long as you take them in moderation.

強迫神経症からヒステリー、統合失調性感情障害まで、一部もしくは全ての症状は、成功するリーダーや起業家に非常に的確に当てはまるのだ。もちろんそれらをうまく制御する限りにおいてではあるが。

リーダー的な位置にアサインした後に、実際のパフォーマンスで真贋が証明されていくことになるのでしょうが、できれば事前にきちんとチェックできる仕組みがあるといいですね。
お読みいただきありがとうございました。



潜在的な能力をコンピテンシーに基づいて診断する、1日で完結するオリジナルのアセスメントをご提供しております。
若手から変革を主導するリーダーまで、選抜や育成にご活用いただいております。
適性検査の導入や、アセスメントセンターの短期化/省力化/コスト圧縮をお考えの方にも最適です。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する