オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

【温故知新】アップル新社長に原田永幸氏就任【Macintosh WIRE 1997.04.11】

»
 もうひとつ、号外として出したやつもある。なにかなあ、と見てみたら、現在もマックにいる人だ。
 でもちょっと漢字が変わった感じ。


[Macintosh WIRE 1997.04.11 Extra Edition]

   _/_/      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
  _/_/      _/_/  Macintosh WIRE  _/_/   _/ Daily News Feed _/
 _/_/      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/  for Mac Users  _/

http://www.softbank.co.jp/macwire/
Back Issues: http://www.softbank.co.jp/macwire/back/
*** 1997.04.11  Extra Edition ***


               ■■■
               ■■■


TODAY'S CONTENTS(号外)

[NEWS]●アップル新社長に原田永幸氏就任


* Macintosh WIRE * ================================================= *

[NEWS]●アップル新社長に原田永幸氏就任
  ------------------------------------------------------------------

http://www.softbank.co.jp/macweek/9704/n0411_top.html


 Apple Computer本社のリストラは,ついに日本にも波及した。それもトップ
交代という形で。安定政権かと思われた志賀徹也社長が4月11日付けで退任し,
後任には前Apple Computerワールドワイドコンシューママーケティング/SOHO
担当副社長・原田永幸(はらだ えいこう)氏が4月11日付でアップルコン
ピュータ日本法人の代表取締役社長に就任した。

 この件は11日朝にアップルコンピュータ社内に向けてアナウンスされ,同日
3時には経団連会館で記者発表された。前日にはGuerrino De Luca副社長による
プレスブリーフィングが行われていたが,日本におけるマネジメント,実績に
ついての言及はなかった。

 原田氏が新社長に選任された理由としての同社の公式コメントは,「(同氏
は)長年にわたりアップルの日本法人,米国法人で重要な職務を歴任してい
る。アップルおよびアップルのパートナーを深く理解しており,経験と実績,
見識に期待がされている」というもの。確かに原田氏は以前から日本法人の社
長候補と言われており,志賀氏が社長に就任した際には,原田氏が本命との噂
もあった。

 現在48歳になる原田氏は,'90年に当時のアップルコンピュータジャパンに
マーケティング部長として就任。'94年10月に取締役マーケティング本部長と
なった。翌年6月から米国のワールドワイドコンシューママーケティング/
SOHO担当副社長となっていた。米国での副社長職は,3月31日付けで退いていた
が,日本における取締役としてのポジションはそのままだった。

 前任の志賀氏の退任の理由についてアップルでは,「3月14日のApple 
Computer本社の組織再編成を受けて,売上は伸びているものの利益は減じてい
るという日本市場における責任を感じてのこと」としている。

 アップル日本法人では米国本社の組織改革に伴って,部門の統合・配置転換
などが近々行われるとみられている。今回のトップ交代はそれとは無関係だ
が,若干の変更はあり得るかもしれない。

 Macintosh WIREは,原田新社長から直接コメントを得ることができたので,
それをお伝えしたい。

Macintosh WIRE 再びアップルに戻った感想はいかがですか。

原田 がんばるしかないです。情熱はあります。みんなをハッピーにできると
信じています。そうでなければ引き受けたりはしません。

Macinotosh WIRE 米国本社の副社長を辞任してわずか10日で日本法人の社長に
就任とは,ずいぶん効率のいい就職活動ですね。

原田 いや,(米国のほうを辞めた)そのときには,いまのようになるとは夢
にも思っていなかった。話があったのは1週間前ですよ。

 原田新社長は,マーケティング畑での経験が長く,日本国内の大手ディー
ラー筋との交渉にも長けている。シェアの低下,利益低下といったマイナス要
因に満ちた日本市場を盛り返すことが,米国の主導によるこのトップ人事の目
的である。「運が悪かった」とのアップル社内での声もある志賀前社長との戦
略的な相違はまだ未定だが,Apple Computer本社に貢献できるだけの利益の確
保が大きな課題であることは間違いない。毎年Mac'n Roll Nightで披露してい
るプロはだしのジャズドラミングよろしく,日本法人でも手腕を発揮できるだ
ろうか。

アップルコンピュータ
http://www.apple.co.jp/about/news/970411_jinji.html

[松尾公也,Macintosh WIRE]

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する