オルタナティブ・ブログ > 山田智恵のビジネスアナトミー >

ビジネスや世の中の流れの分析。ときどき手帳の話など。

目標たてる派 VS 目標たてない派

»

 

Unnamedアネモネ。部屋に飾って1時間で下にうつむいてました。そこまで落ち込まなくてもってくらいのうつむきっぷり。

2007年から年始に目標をたてはじめ、毎年続けて7年(!)もたちました。
 
その年のキャッチコピー、例えば「フォーカス&アクション!」を作って、仕事、プライベート、趣味なんていう各項目ごとの目標をたてていました。
 
目標をたてると、それを達成した姿を想像し、ワクワクするものです。お正月に目標をつくって、年末に何を達成したのかチェックしていました。
 
私は1冊のモレスキンのノートを毎年の目標用に使っていて、パラパラと見返すと8年分をざっと見れるのですが、去年パラパラとなにげなく見ていて驚愕したことがありました。毎年書いていて、達成していないことが沢山あるのです。驚愕しました。7年ですよ、7年間。7年間も毎年書いていて達成してないって、どういう事なんだと。開いた口がふさがらない。
 
その話を友達にしたら、
 
「目標設定の方法が間違えているんだよ。」→それはあるかもね。
 
「1年で達成できるものじゃなかったんじゃない?」→でも合計7年たっちゃったのよ?
 
「心から達成したいものじゃなかったんじゃない?」→そんなことない!はず・・。
 
と色々意見があったのですが、この驚愕事件は私にとって目標設定とはなんの意味があるの!?と考え直すきっかけになりました。
で、去年1年を考えてみると、起きたことほとんど全てが年初に想像できないことばかりでした。
仕事の内容も、部署を任されたのも、ボストンに留学したのも、その後色んな広がりがあったことも。
どれ一つとっても目標外の出来事。
 
そう考えると、私には目標って意味がないんじゃないかと。
意味がないのに関わらず、心のどっかで縛られて目の前のことを大切に出来ていないんじゃないかと思ったのです。
 
なので、今年から目標たてない派になってみました。
 
どうなんでしょ。この取り組み。私もいいのか悪いのか分かりません。
が、いったんこれで試してみようと思います。
Let it be !
 
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する