オルタナティブ・ブログ > 山田智恵のビジネスアナトミー >

ビジネスや世の中の流れの分析。ときどき手帳の話など。

JWLIボストン・リーダーシップ研修 | DAY8 女性のための戦略的リーダーシップ

»

 

0 

シモンズ経営大学院での女性のための戦略的リーダーシップ研修が始まりました。30人ほどのアメリカ人のマネジメント層と一緒に授業を受けています。授業といっても座って先生の話をずっと聞く授業ではなく、ケーススタディを使ってディスカッションをしたり、プロのコーチングの先生とリーダーシップの課題を話し合ったり、グループワークをしたり、参加型のアクティブな授業がメインです。

今日は朝食をとりながら、オリエンテーション。学長のキャシー・マナハーン教授から挨拶がありました。1968年に大学を卒業し、federal bank (で女性として初めてマネジメント・トレーニングを受けたそうです。キャシーは常に「初の女性~」だったそう。でも、それはとても大きなアドバンテージだったと言っていました。注目もされるし、「初の~」という冠が付くことで守られることもあったそう。でも、今は時代が変わって、「初の女性~」という冠はつかず、状況はもっと複雑になっていると感じて、シモンズで女性のためのリーダーシップ研修に力を入れようと考えたそう。キャシーは、意思決定のコンテクストと組織の状況の2つの理解が非常に重要だと言っていました。挨拶だったので、それ以上は詳しい話はなく、具体的にどういう意味でいっているのか分からなかったので、チャンスを見つけて話を聞いてみようと思います。

その後、みんなで自己紹介。NASAや、マスミーチュアルや、フィリップスなどいろんな業種のリーダー、そして弁護士など、色んなバックグラウンドの人が集まっていました。みなさん豊富なリーダー経験がある方ばかりで、私は若手の方。なんてラッキー。色々教えてもらおうと思いました。

午前中はグループワークで、自分が最もリーダーシップを発揮した経験を紹介しあいます。一番多くでてきた言葉はコラボレーション。人は、協力しあう環境を作れたときにリーダーシップを発揮できたと感じるのでしょうか。その後、教授からリーダーシップに重要な5つの要素を教えてもらいました。この5つは、何千ものリーダーシップの成功体験から導き出したエッセンスだそう。

1、模範となる:心を開いて、自分の本心を話すことで信頼を得ることができる。メンバーはとても慎重にリーダーがどう行動するのか見ている。心から思って、その通りに行動することで信頼を得ることができる。

2、共通のビジョンを示す:未来のビジョンを持ち、それが全員が理解できるようにすること。リーダーの熱意はメンバーに伝染する。

3、現状の改革:トライ&エラーを歓迎する雰囲気を作り、新しいものを取り入れて革新を後押しする。

4、みんなが行動できる環境をつくる:全てのメンバーが自分が有能だと信じ、熱意をもって仕事に取り込めるようにすると、大きなことを成し遂げることができる。

5、心から励ますこと:仕事と評価を目に見える形であらわす。誠実に心をこめて行うことが大切。

今のビジネスシーンはダイナミックかつスピーディに変化しているので、3の現状の改革がすごく重要になってきているとのこと。途中で質問が出たのは、「こういうリーダーシップに関する内容はあらゆる本に書かれていて、みんなどういうリーダーが素晴らしいリーダーかは頭では分かっている。問題は、実際の行動になるとなぜできないのか?そこが重要じゃないのか?」と。深い質問で、答えは出ず。1週間でみんなで考えてみましょう、ということになりました。ズバズバと思ったことを、思ったタイミングで主張していくアメリカ人。刺激的でした。

午後は、事前に会社の人にアンケートに答えてもらった360度評価の結果が渡され、自己分析をする時間をもらいました。アンケートは11人に答えてもらい、私自身も同じ質問に対して回答しているので、自分の評価と、みんなの評価とそのギャップが見れます。私は、なんと、ほとんどの項目が、自己評価より皆の評価の方が低い評価でした・・・!ガーン。どれだけ、高く自分を評価しているのか。。ショックを受けて自己分析した45分でした。

この360度評価は上にあげたリーダーシップの5つの要素と結びついているのですが、私がもっとも低い評価だったのは、2)の共通のビジョンを共有すること。でも、ちょっと安心したのは、この項目は皆平均的に低いとのこと。逆に高かったのは、4)のみんなが行動できる環境をつくること。この項目は、一番重視していたポイントなので、それが評価されていて嬉しかったです。でも、基本的に自己評価の方が高かった私。けっこう落ち込みつつ、まわりを見渡すと、多くの人が複雑な表情。みんな、ショック受けているのかしら。。明日、エグゼクティブコーチングに専門的なアドバイスをもらえるそうなので、改善できることは改善していきます!でも、アンケートは50問ほどある、タフなアンケートでした。私のことを考えて、一生懸命、回答してくれたみんなに感謝。

その後、みんなでディナー。私のとなりは保険会社の弁護士をやっている女性。360度評価の結果が、自己評価ばかり高かった話をしたら「ユーモアがあるわね・・・!」と笑いとばしてくれました。

そうか、これはユーモアなのか・・・!!

 

というのは冗談ですが、本当に色んな気づきがあった1日でした。サバイブできるか心配だった私ですが、もう、ほんと、超楽しい!1日でした。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する