オルタナティブ・ブログ > 人力クラウド-あきら式 >

ものづくりやデジタル・ガジェット、発想法などハッシュ・アップな独り言。

僕が、オンライン・ストレージ「LiveDrive」をやめたワケ

»

クラウド・コンピューティングと言えば、まずはオンライン・ストレージを準備する必要があります。今では様々なサービスがあります。僕なりにオンライン・ストレージの選択ポイントをまとめてみました。

  • 容量に余裕がある。
  • 料金が安い。
  • デスクトップ・ツールがある。
  • パフォーマンス(転送速度)が高い。
  • モバイルに対応している。

僕はインターオンライン・ストレージとして「LiveDrive」というヤツを利用しています。今となっては「使っていた」という過去形になってしまいますが…。LiveDriveは有料ではありますが、まずは容量無制限がすごい! ベータ・テスト中から利用しています。デスクトップ・ツールも充実していて、「マイ・コンピューター」にハードディスクがひとつ増えます。これがインターネット上のハードディスクでして、普通のハードディスクと同じように使えます。

でも、まぁ、何事も使ってみなければわからない。使用感をまとめてみますね。

とにかくパフォーマンスが悪い。PCを再起動するとずぅ~っとハードディスクをカリカリとスキャンしています。LiveDriveに預けたファイルが多ければ多いほどこの時間は長くなります。しかもfirefoxが立ち上がるまで5分もかかるほど、他の作業に影響します。

Webブラウザーのインターフェイスが悪い。特にフォルダ消去ができないのは、面倒なことこの上ないです。フォルダの内部を全部消さないとフォルダが消去できない。階層の深いフォルダの消去は辟易します。

そして僕がLiveDriveをやめた最大かつ決定的な理由、それは課金です。

LiveDriveのProアカウントの料金は年間11,888円。ちゃんと日本円のページも用意されています。ベータ・ユーザーの最初の何人かは特典で20パーセントOFF。よって、9,510円です。それが何と、その100倍の951,000円が請求され、カード会社を通じて銀行から引き落とされてしまったのです。これにはビックリしました。

2_2

ドルでは小数点以下は「セント」で表わされますが、それを二桁分、無視して金額計算したため、100倍になってしまったのでした。

慣れない英語で間違いを指摘して無事返金となりましたが、メールの返事はたった2行。しかも謝罪の言葉は一切なし

いくらシステムが素晴らしいとしても、こういう初歩的な間違いを平気で起こしておいて、謝罪の言葉もないところに、自分の大切なデータを預ける気にはなれません。
というわけで、現在、いくつかのオンライン・ストレージを調査中です。その詳細はまたの機会に。

Comment(2)

コメント

Gon

初めまして。
私も同じ目に遭っています。。supportにメールしても返事がまったく返ってこないのです。
とりあえず国内のカード会社にも連絡して動いてもらっていますが、ちょっと心配です。

クレーム後どのくらいで返事が返ってきたか、返金されたか、教えて頂けますか?
また、返事が返ってきたメールアドレスを教えて頂けると助かります。

お手数かけて申し訳ありません。

あきら

そうですかぁ。もうお金も引き落とされているご様子ですね。
僕が引き落としのミスに気づいて返金されるまでの経緯を書いておきますね。
これは返金までの過程でわかったことですが、まずカード会社と課金ミス調査・交渉・回収会社は別会社です(この会社のW社とします)。W社は多分、カード会社が加入しているカード保険会社だと思います。そしてW社は通常、表に出てきません。僕の場合、カード会社の人は「調査部」と呼んでいました。
ミス・チャージに気がついたのが今年の3月31日の火曜日でした。すぐにカード会社に電話。カード会社の人の対応は正直アテになりません。僕の場合は、「海外でのミス・チャージに関しては、自分で相手の会社と交渉して返金してもらってください。」とまで言われました。
どうしても納得がいかないので、もう一度電話。担当者が違うと、こうまで対応が違うのか、と驚くほど親身になって対応してくれました。その担当者の話しだと返金までに2ヶ月かかるとか言っているので、大金なので困っていると言うと、その担当者がすぐに上長に相談。その上長からすぐに電話があり、「調査部に依頼します。」とのこと。この調査部こそがW社です。今後のやりとりはすべてW社の担当者です。すぐにW社の担当者から電話がありました。同じ週の金曜日、つまり4月3日までに返金してほしいと強く訴えました。「課金した証拠になるものを送ってほしい」ということでしたので、LiveDriveのアカウント画面のキャプチャ画像などをメールにて担当者に送付。自分で相手先にミス・チャージの件を伝えた方がいいかどうかを担当者に問い合わせると「ぜひお願いします。」ということでしたので、英語でメールを作成し以下の二つのメールアドレスに送りました。ここまでがミス・チャージ発覚当日の3月31日です。
(LiveDriveに迷惑がかからないようにアットマークは全角としています。)

質問用のメール・アドレス:questions@livedrive.com
サポート用のメール・アドレス:support@livedrive.com

僕はProアカウントでしたので、規約通り24時間以内、実際にには8時間ほどでLiveDriveから返信がありました。返信があったのはsupportのアカウントからです。そのメールもそっけなく「本件については経理に連絡してフィックスしました。」のみ。
そして4月1日。W社から早々に電話があり、僕が希望していた4月3日の入金は間に合いませんが、週末をはさんだ4月6日に入金しますということでした。でも入金されるまでは安心できません。4月6日の入金を念を押して確認しました。あとは入金を待つのみとなりました。
4月3日にW社より電話がありました。LiveDriveと連絡がとれ、課金ミスが明確になりましたとの連絡でした。さらに4月4日にW社より電話がありましたが不在。4月5日の日曜日にもW社より連絡があり、入金の手続きが終わったとのことでした。4月6日の朝、無事に入金されていました。
僕もこの件については、かなり心配したので、Gonさんに感情移入してしまい、長々と書いてしまいましたが、ご質問の答えをまとめると次のようになります。

・クレーム後の返事が返ってきた時間:8時間程度
・返金処理はカード会社に連絡した次の日に確約。実際の入金は6日後。

以上、参考になさってください。無事返金されることを心よりお祈りしています。

コメントを投稿する