オルタナティブ・ブログ > 高橋晶子のセキュリティ漂流記 >

セキュリティエンジニアの日常をつづります。

PacSec 2008 Speakers

»

今年のPacSecセキュリティカンファレンスのスピーカーが概ね決まりました。

11月12-13日に東京の青山ダイヤモンドホールで開催予定です。

Arrigo Trulzi - Putting an SSH server in your NIC
Erik Tews - Gone in 900 Seconds, Some Crypto Issues with TKIP/WPA
Mark Dowd - Browser Memory Protection Bypasses: Virtual Machines
Chris Evans, Billy Rios - Cross domain leakiness: Divulging   sensitive information and attacking SSL sessions
Rich Cannings - Flash XSS
Fredric Raynal, Guillaume Delugre - Malicious origami in PDF
Takahashi Akiko - Security for Virtual and Physical Server Environment
David Thiel - Living in the RIA World (Flash/Air, Silverlight,  Gears, Prism, BrowserNow, HTML5)
Peleus Uhley - Understanding Cross-Domain Models and Threats
Emmanuel Bouillon - Gaining access through Kerberos
Stephan Chenette - A new web attack vector: Script Fragmentation
Tetsuo Handa - Countermeasure to SSH Brute Force Attack according to  behaviour
Carlos Sarraute - Advances in Automated Attack Planning
Toshiaki Ishiyama - Inside "Winnyp", Winnyp Internals and Concepts of  Network Crawling

詳細は近々PacSecウェブサイトに公開される予定です。

今年は私もスピーカーとして、お話しさせていただくことになりました。皆様のお役に立てる発表ができるよう頑張ります。内容は、仮想環境と物理環境のセキュリティの違いについてです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する