モバイル業界にながくいた新米教授のよもやま話

スマートホン2G

»

前々回、Mobile 2.0について述べたのに引き続き、「2」繋がりでスマートホン2Gについて述べようと思います。ここで言っているスマートホンは、PDAライクな高機能ケータイのことです。
何故か、世代の表現方法は業界によって異なります。移動通信業界では世代を表すために2G、3Gのように「G」を使っています。スマートホンは、移動通信業界の製品っぽいので、「G」を使う事にしました。

ウィルコムはW-ZERO3を、ドコモはM1000に引き続きhTc ZとBlackBerry 8707hを出し、NOKIAはE61をだそうとしています。デジタルガジェット好きにとっては、まさにブームと言える状況にあります。この現象を筆者が勝手にスマートホン2Gと呼ぶことにしました。

ところで、今回のスマートホンブームは2Gじゃなくて1Gじゃないのと思った方も多いと思います。実はちょうど10年前に最初のスマートホンブームがあったのです。筆者もその火付け役の一人で、それが縁で若き日の広末涼子と話してしまいました。この経緯は、風がふくと桶屋が儲かるの類ですから、省略しましょう。
私が開発に係わったスマートホンは、当時パームトップコンピュータとして絶大な人気があったHP-100/200LXに携帯電話機能を詰め込み、更に携帯電話と見做せる大きさをキープすることを目指しました。プロトタイプを作製し、ジュネーブで開催されたテレコム'95に持ち込みました。かなり注目を集めたと思います。特にノキアの関係者が入れ代わり立ち代わり来ました。半年程して、そっくりと言っていいコミュニケータが発売されたのにはビックリでした。
それ以前に発売されたスマートホンはベルサウスから発売された1機種だけで、成功とはとても言えるものではなかったので、ノキアも同じようなプロジェクトを起こしていたので驚きました。残念ながら我々のスマートホンは性能が思うように出ず、発売を断念しました。しかし、その後、日本ではPHSを搭載したスマートホンが松下、東芝そして京セラから発売されました。
しかしながら、いずれも成功する事なく市場から消えてしまいました。
その後に表れたのがiモードです。これは、ご存知のように大成功し、ブラウザの搭載されていないケータイは無いという状況になっています。(この差は何だ!!、とほほ・・・。)この失敗した経験から、今回のブームによりスマートホンが市場に根付くか心配でなりません。

失敗の経験から学んだ事は、
・スマートホンのマーケットは、普通のケータイ市場より1桁ひょっとすると2桁近く小さい。
・アプリケーションがリッチである分、ハードウェアコスト及び開発コストが増大する。
・あくまでもケータイとしての大きさを維持していないとユーザは受け入れない。
です。
ビジネスコンシューマ、まさにオルタナティブ・ブログのブロガーや読者の層をターゲットにしたのですが、全く見向きもされませんでした。その時は、日本にビジネスコンシューマ市場ってあるのか懐疑的になってしまいました。

少なくともノキアのE61はかなりマニアックなので、PDAオタク市場には充分に受け入れられると思います。問題はより一般的なビジネスコンシューマに受け入れられるかです。最近のユーザは、高機能化に伴う大型化に慣れてきたので、大きさの点では問題無いと思います。ちょっと心配はノキア独特のユーザインターフェイスです。それ以上に心配なのは、「ビジネスコンシューマが十二分に高機能している現在のケータイより更に高機能しているケータイを望むか?」です。
かく言う私は、この原稿をごく普通のケータイで書いており、アドレスもスケジュールもケータイで管理しています。ケータイとPDAの2つを持つのが面倒になり、ケータイ1つに絞った当初は、文字入力とPDAとしての機能のプアーさに苛立ちましたが、知らぬ間に慣れてしまいました。
最近のケータイは、必要十分じゃないけど、必須機能はあるスマートホンと思えるのは、私だけ?

でもE61が出たら買うつもりです。

Comment(2)

コメント

kondo

PDA好きとして日本でも少しずつスマートフォンが出てきたのがうれしい限りです。
個人的にはPalmのTreoシリーズが日本でもまともに使えるようになってくれれば、と切に思うのです。

Yutaka

昔スマートフォンを使ってたことがあります。松下製だったか? DoCoMoのもので、確かモニタキャンペーンをやっていたモノに応募して入手したものです。
 で、使ってみてどうだったかというと、まず普通の携帯よりも大きい。おまけにタッチスクリーンでダイヤルするのに、この反応が遅くて普通の携帯よりもダイヤルするのに時間がかかる。そして何よりも普通の携帯よりも電池の持ちが悪い!
 確か毎日充電しなければ使えなかったような……。

 それでも、色々と「遊べ」そうなので我慢して使っていましたが、ある日満員電車の圧力に負けて液晶が割れてしまい、普通の携帯に戻りました。

 最近のスマートフォンならば、普通の使用面でそれほど不便ではない上に、サードベンダー製を含めたハードケースなり液晶面を保護するプレート入りのソフトケースなりがあるので、(多少電池の減りが早いものの)漸く技術的に(「社会的」にも)スマートフォンが実用レベルになった(当時はまだ未成熟だった)と言うことですね。

 ちなみに今はW-ZERO3esを使ってます。(キータッチが今一だけど、USB OTG用ケーブルを買ったので、手頃なサイズでキータッチの良いUSBキーボードさえあれば後は……メモリを増やして欲しいぐらいかな。そして購入直後に試した時はエラーで動かなかったSkypeが動いてくれれば……。)

コメントを投稿する