IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

儲かる仕事は楽しくないけど、面白く仕事をすることはできる。

»

最近、組織・人材の変革・育成の仕事に、前期くらいから力を入れています。

 

客先や社内において、仲間たちにいつも励ましのつもりで私が言ってるフレーズがあります。

  

楽しい仕事は儲からない。

儲かる仕事は厳しく辛い。大抵は人がやりたがらない、しんどいものばかり。

儲けたいからと思って引き受ける仕事は、楽しくやれるものではないのだ。

でも、楽しい仕事じゃないけど、厳しく辛い仕事を、面白くやる術はある。

辛い仕事を、厳しくも面白くやってのける、そんな人材になれたら素晴らしい。

  

まあ、我ながら詭弁とも思うのですが(笑)。

  

しんどい。けど儲かる。楽しい仕事よりは儲かるんだから。

儲けたいんだから、では、いかに面白く仕事をするか。

  

それを考えるのは、私達コンサルタントが全力で手伝うところでもあります。

私達自身の仕事も、儲かる仕事ほど、かなりしんどいものばかりです。

過重労働だったり、

明確な答えのない問いに対する仕事だったり、

相手に笑顔で感謝されるような仕事と無縁だったり、

家族や仲間に仕事内容が説明できなかったり、大変さを理解してもらえない。

  

まあ、個人的な経験談だろ、と言われればそういう面もあるかとは思いますが、

  

ただ、

あの仕事は楽しかったなあ、って思う仕事は、

今ふりかえれば、すっごい辛い、厳しいものではなかった。

相対論だけど、

あの仕事はホント辛かったなあ、厳しいお題だった、でも、

  

すっごい、面白かった。ホントいい経験だった。

  

言葉の微妙な差ではありますが、

ほんとにキツかったよ、でも、あの仕事は面白かったなあ。楽しくはなかったけど、なんか今思うと、面白がって仕事をやってた。

  

ホント、微妙な差なんですけど、

いかに仕事を楽しもうか、じゃなくて、

しんどい、厳しい仕事だけど(といったん認めておいて)、

仕事は面白がってやっていこう。

さて、ではどうやってその仕事は面白くやりようがあるんだろう?

みたいな、、、うまく細かい差異が説明できないんですけど。(苦笑)

  

私のお客様方は割とこの表現に共鳴もしていただけてるようです。^^;

  

そして、私達コンサルタントの使命の1つは、

そういう、辛く厳しいけど面白くやりようはあるその仕事を、

いかに、「より儲かる」仕事にさせていくか、を考えることであります。(汗)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する