人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

母さん、僕の働き方改革はどこへいったのでしょう?

»

タイトルはパクリです。(・・・「ストーハ」・・・。

さて、

働き方改革の仕組みなどを導入するために、人事や総務の方が22時23時まで連日残業して、企画を練っては上層部に出し、ダメだしを食らっては再度企画を出し、いざ、何かの取組みを一つでも始めようとすると、現場からのブーイングの嵐に見舞われ、説明会を開いて、また、あちこち調整し、・・・心身ともに疲弊し・・・という話を聴きました。

「従業員の働き方を改革するための、僕の働き方はいつ改革されるのでしょうか?」

という禅問答のような嘆き。

働き方改革も女性活躍推進も、もちろん、ないよりあったほうがいいのですが、なんかこう、「右向け右」「みな一律に!」「制度やルールでがんじがらめに決めちゃうぞ!」的な流れのほうが多く耳に入り、それでいいのか?日本人?と、疑問に思っています。

たとえば、ノー残業デー。

全員が同じ日(たいていは、水曜日)は定時に帰らなければならない。

「わるいごはいねが?」

のように、

「ざんぎょうしてるごはいねが?」

となまはげパトロール隊が見回り、消灯しまくる。

定時に帰ることはいいんですけどね、全員同じ日じゃないといけないとか、どんなに業務があろうと、何が何でも帰れ!とか。

そして、「家持って帰っちゃだめ」とか「遅く残るのはダメだけど、早く来るのはいい」(これ、意味不明)とか、いろいろ制約もあって、ほんと大変。

定時で終わるような業務調整とか、人員配置とか、マネジメントが考えるべきことも多々あるでしょうし、一人ひとりがムダなことを排除することも大事でしょうが、なんか、こう一律に「こうしろ!」と言われると、どんどん息が詰まるというか。

働きづらい改革にならないことを祈ります。

同様に「女性活躍推進」も、ことさらに「女性の活躍」ばかりに注目するのではなく、それぞれの企業にいる男性のWLBもきちんと考えないと、全部のしわ寄せが女性側に来るという問題もあるわけで、なんか、対象となるテーマだけを単体で扱うのではなく、大きな視野を持って考えていきたいなぁと思ったりします。

===============================

今日、同僚(わーぱぱ)に勧めた本。たぶん、彼は買ったと思う。うっしっし。

先日、久しぶりに読んだのだけれど、うわー、うわー、と再度唸り、何度も考えさせられた小説集。

こちらは、もっとぐっと胸に迫る本。

『仕事と家庭は両立できない』

マーカー、しまくりました。

Comment(1)

コメント

一律は自由がない

働きづらい改革。 
自分の年休で取得するのに、一方的に決められたプレミアムフライデーに「休め」と言われることに、働きづらさを感じています。
年休取得推進なら、年休取得できていない社員の働き方について検討すればいいと思うんです。
ただ「やればいい」と言わんばかりの対応に、辟易しています。

コメントを投稿する