ITのきらいな男がIT業界に迷い込んで創ったビジネスモデル

緊張しない! プレゼンの前日に読んでください

»

月に200以上のプレゼンテーションを動画化している立場から、
緊張しないプレゼンテーションのノウハウについて、整理しました。
大前提は、プレゼンテーションで緊張しない人は世の中に誰一人いない、
軽やかに話をしているようですが、内面はドキドキということです。

・プレゼンで、世の中に緊張しない人は、いない。  心の中では、全員緊張しているという大前提を知る。
・プレゼンが得意な人も、実は、苦手と思って、日々悩みながら、努力している。
・自分が想像しているほど、相手に緊張しているということは伝わっていない。
・きれいな言葉を覚えるのでなく、内容を深く理解し、自分の言葉で伝える。
=>ここが、一番重要で、ここが、出来ていない人は、プレゼンの場にたってはいけません。辞退することが大切です。
・相手はどういう立場の人なのか、出来る限り調査する。
=>相手を知れば知るだけ、楽になります。 プレゼンの前に、共通の話題なんか、盛り上がればしめたものです。
・好意的な表情をしている人を、見つけ、その人をペースメーカーとして話をする。決して、にらんだような顔をしている人とは、目をあわさない
=>にらんでいる人も、実は、良い人だったりします。
・敢えて、「つかみ」を考えない
=>つかみの95%は、痛い結果になっています。

まずは、この辺を認識すると、少し楽になると思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する