ITのきらいな男がIT業界に迷い込んで創ったビジネスモデル

良いプレゼンテーションには共感が必要

»

これまで、2000名を超えるプレゼンテーター(話者)の撮影現場に
立ち会いましたが、大規模なセミナーや研修会に慣れている猛者でも、
カメラの前では、勝手が違うようです。
巧みにプレゼンテーションする方の共通点は、一方的に話すのでなく、
常に相手に対して「共感」を求めていきます。
話しの反応によって、パターンを換えて、対応しているようです。
例えば、私の場合、場の状況に合わせて、3パターンほど用意しています。

1)元気で、自身に溢れた話し方で場をリードするインパクト型
2)落ち着いて、ゆっくりと諭しながら場の雰囲気を柔らかくするソフト型
3)参加者とやり取りをしながら、随所に笑いも入れ進めていく双方向型

会場あるいは会議室に入って、数名の方と対話していくうちに、
どのパターンでいこうかと、決めていきます。
当社のプレゼンテーションは、動画を多用するので、動画をみていただいている間の
お客さんの反応も、参考にしています。
そして、参加者の、左右中央、それぞれに、「共感」いただく方を
定め、その方に対して、話しかけるよう留意しています。
そうすると、プレゼンテーション全体が、自然に流れるようになります。
こちらがリラックスできるので、参加している方もリラックスできます。

さて、カメラに向かって話しをする場合、当然、そんな反応は期待できません。
特に、ライブのプレゼンテーションに慣れていればいるほど、違和感はとても
大きなものとなります。
ちょど、25メートルを無呼吸で泳ぐような感じです。
だからできる限り、話す内容を事前にシナリオに落とし込んでいただき
それをプロンプターで投影するようにしています。
カメラを、うなずかせる訳にはいきませんが、立ち会うカメラマンやディレクターは
話にあわせて、自然にうなずいているようです。
「共感」の空気作りができたとき、良いプレゼンテーション映像が撮れます。
Photo

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する